急に便秘になる急性便秘

急に便秘になった場合の原因と解消法は?【急性便秘】

急に便秘になった場合の原因と解消法は?【急性便秘】

 

 

毎日しっかりと便が出ていたのにある日からぱたりと便が出なくなってしまい、そこから何日も便秘が続く場合があります。急に発生する便秘のことを急性便秘と呼びますが、女性も起こりますが、それ以上に男性に起こりやすいとされます。

 

 

いきなりのことでとても怖くなって、このままずっと便が出ないのではないか?と心配してしまいますが、正しい方法を行うことでほとんど解消できてしまうので安心してください。

 

 

ここでは急性便秘の原因や解消法についてお伝えしたいと思います。

 

 

急性便秘の原因とは?

 

 

急性便秘が起こるとされる原因は大きく分けて3つあるとされます。

 

 

①生活環境の変化

 

 

急性便秘の一番の原因として考えられるのが生活環境の変化とされます。特に多いのが引っ越しや仕事の変化などが挙げられます。旅行などによって便秘になるのもこれに該当します。

 

 

生活環境の変化はストレスがかかってしまい自律神経を乱します。自律神経は胃腸の働きをつかさどっているので、乱れると腸の運動が停滞してしまいます。※ストレスで胃に穴が空くのも自律神経が関わっています。

 

 

またストレスだけでなく食生活の変化も挙げられます。朝食をとっていたのに段々と摂らなくなると便秘になってしまいます。※特に中学生から便秘になりやすくなるのもこの朝食と大きく相関があると分かっています。

 

 

その他運動不足やアルコールを飲み始めることで、今までしっかりと動いていた腸がいきなり停滞してしまいます。

 

 

②季節の変わり目

 

 

また便秘は季節や気候的な影響を受けやすいです。

 

 

特に夏になると冷たいものを食べたり、いつもより暑さで水分が奪われやすく、また冬は体が冷えて、腸が不安定になりがちです。

 

 

急激な気温の変化は自律神経も乱れてしまい腸の運動が鈍くなります。いきなり便秘になった方は季節の変わり目ではないか確認してみてください。

 

 

③糞づまり

 

 

そして最後の急性便秘の原因が糞づまりです。便というのは普段からしっかりと排便できていても、大腸や直腸に残ってしまっています。(俗に言う宿便です

 

 

これが溜まりに溜まると糞づまりを引き起こして、便が溜まっていてお腹が張っているだけれども、便意が起きないということになってしまいます。※今まで花粉症にならなかった人も体には毎年花粉が蓄積されてその許容量を超えることで花粉症になってしまうのに似ていますね。

 

 

普段の生活習慣も特に変わったことがないのに急に便秘になった方はこの糞詰まりによって便秘になった可能性が高いです。

 

 

以上が急性便秘の原因とされます。急性便秘の解消法は原因をいち早く見つけそれを対策をすることです。

 

 

急性便秘の解消について

 

 

原因が生活環境の変化や季節の変化によるものであれば体を動かして自律神経を整えることが重要とされます。一番おすすめなのがウォーキングです。

 

 

①ウォーキング

 

 

 

 

1日30分以上太陽の下で歩くようにしてください。またその際、腹筋に力を入れることを意識しましょう。毎日しっかりと行うことによって3日以内にはしっかりと

 

 

たかがウォーキングで便秘に効くの?と思いますがめっちゃ効きます!まずは試してほしいのでやってみてください。

 

②朝の目覚めの1杯

 

 

食事によって排便を促す場合、朝食よりも効果的なのが朝起きてすぐに1杯水を飲むことです。水は食べ物と違い、すぐに大腸まで運ばれて自然な運動を促すことができます。

 

 

水は温めて50度ほどの白湯にして飲む方が効果的とされます。そして200mlの白湯を一気に飲み干します。一気に飲み干すと効果が上がります。飲み物を飲むだけですので忙しい朝もできると思うので、ぜひ試してみてください。

 

 

基本的にウォーキングと朝の目覚めの1杯はほとんどの便秘に対して効果的とされ病院でも勧められます。

 

 

③便秘薬を使う

 

 

また糞づまりの場合にはウォーキングや食事などで解消するのは難しいとされます。糞詰まりには便秘薬を使用して溜まった便を一度出してしまうことが効果的です。

 

 

特に水分を集めることで便通を通りやすくする酸化マグネシウム系が効きます。市販の下剤では3aマグネシアが一般的となっています。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

効果:服用から1~2日

 

値段:360錠4000円

 

副作用:上限を超えて服用すると下痢になることも

 

 

1日1回食前か食後に3~6錠を飲みましょう。
また飲むときは必ずコップ1杯の水といっしょに飲みましょう。

 

 

下剤を使うのが初めてで怖いと思う方もいらっしゃいますが酸化マグネシウム系は副作用もなく妊婦さんでも使用できるほど安全性が高いです。何より癖になることはないの下剤依存症に陥ることもないので急に便秘になった人はとりあえず服用して便を1回出しましょう。

 

 

それでもダメな場合には

 

 

基本的に急性便秘は運動と健康的な食事、そして
酸化マグネシウム系の下剤を使用すればほとんど解消されていきます。

 

 

それでも解消できない場合には胃腸科か便秘外来を受診するようにしてください。何か病気を引き起こしていたり、腸がねじれるという『ねじれ腸』の可能性もあります。

 

 

糞づまりの場合には直接医師が肛門から直腸に溜まった便を滴便してくれます。ということで急性便秘の原因と解消法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ