直腸性便秘とは

直腸性便秘の症状、原因、解消方法について!

直腸性便秘の症状、原因、解消方法について!

 

 

一般的に便秘は大腸に溜まるものですが、直腸性便秘というのは肛門に近い直腸に溜まる便秘なのです。

 

 

直腸性便秘は特に女性に起こりやすく、統計ではおよそ女性の便秘の20%が直腸性便秘にあたるとされます。※残りは腸の運動が鈍くなる弛緩性便秘(60%)、残りは約

 

 

NHKのためしてガッテンでもこの直腸性便秘について取り上げられ、現代女性が増加傾向にあり問題視されています。

 

 

ここでは直腸性便秘について、その症状と原因、そして解消方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

直腸性便秘の症状とは

 

 

直腸は大腸に比べて腸の太さが大きいので、直腸に便が溜まると非常に大きな塊となります。

 

 

また塊が水分を吸収されることによって大きく硬い便となってしまいます。直腸や大腸は水分を吸収してしまう働きを持っており、およそ3日間溜まると固くなりすぎてしまいます。

 

 

ですから排便時の負担は非常にかかってしまいます。時には肛門が切れてしまう場合もあります。

 

 

もし便意はあるけれども、踏ん張ってもなかなか出ない場合には直性便秘の可能性がきわめて高いです。

 

 

その他の直性便秘の症状としては

 

 

・お腹が痛む(特に下っ腹)

 

・お腹が張っている

 

・おならがよく出て、とても臭い

 

・便を出すと固く、色も黒い

 

 

などの症状が挙げられるので確認してみてください。直腸性便秘は便秘の中では非常につらい便秘だと言えます。

 

 

また痔の症状や体臭が臭くなるなどの二次的な症状が起こります。便が長く溜まり腐敗することによって、最悪大腸がんにもなりかねません。

 

 

ですので直腸に溜まった便は一刻も早く出すようにしなければいけません。

 

 

直腸性便秘の原因とは

 

 

①便意を我慢してしまう

 

 

直腸性便秘の原因として多いのが便意を我慢してしまうことです。

 

 

便意を感じているということは便が直腸まできている証拠です。我慢してしまうと腸内に便が溜まってしまうので便が詰まりやすくなってしまいます。

 

 

また便を我慢することで、便意を感じる感覚が鈍くなってしまいます。神経が鈍くなるとそれだけ便の回数が減りますのでやはり便秘の原因となります。

 

 

便意を我慢するのは非常に危険ですので注意してください。

 

 

②水分不足

 

 

そして次に原因とされるのがやはり水分不足が挙げられます。

 

 

便に含まれる水分というのは70~80%が理想なのですが、水分が不足して60%になると直腸性便秘の警告です。50%を下回るとコロコロした便が形成されます。

 

 

特に水分は1日1.5リットルが必要となります。これらを下回る方は直腸性便秘が起こる危険性があります。

 

 

③腸内環境の悪化

 

 

悪玉菌が繁殖しており、腸内環境が乱れていると便が臭く、固い便が形成されてしまいます。

 

 

そのため便が柔らかくする働きがある善玉菌を増やして整腸作用を促すようにしなければいけません。

 

 

以上の3つが直腸性便秘を引き起こしている3つの原因とされます。

 

 

直腸性便秘の解消法

 

 

①食事

 

 

基本的に直腸性便秘の場合には水分を補給するようにしましょう。1日水分は1日1.5~2リットルを飲むようにしましょう。

 

 

冷たい飲み物を飲むよりも温かい飲み物の方が腸内に溜まった便を柔らかくすることができます。特におすすめは朝起きてすぐに飲むようにすることです。

 

 

また便が固い場合にはゴボウ、キャベツなどの繊維が固い食べ物は控えましょう。できるだけ柔らかい食べ物を食べるようにしてください。

 

 

②運動や生活習慣

 

 

そして運動はぜんぞう運動を促し、踏ん張るときの筋肉である腹筋を鍛えられる、ウォーキングがおすすめです。

 

 

 

 

1日30分でもよいので、外を歩くようにすると排便時に必要な筋肉が得られるとされています。

 

 

そしてトイレに行きたくなったら我慢せずに行きましょう。決まった時間にトイレに行くことで便意の感覚がよくなってきます。

 

 

③下剤

 

 

2日ほど頑張っても出ない場合には下剤を使用しましょう。解消直腸性便秘に効くのはマグネシウム系の下剤です。

 

 

マグネシウムは浸透圧に作用して直腸に水分を集めて便を柔らかくすることで便秘を解消するので、直腸性便秘に効果的とされます。マグネシウム系の下剤は市販では3aマグネシウムがあります。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

効果:服用から1~2日

 

値段:360錠4000円

 

副作用:上限を超えて服用すると下痢になることも

 

 

服用からおよそ8時間ほどで便秘が解消されていきます。刺激も少なく癖になることもないので安全に服用できるのでおすすめです。

 

 

妊婦さんでも服用することができる便秘薬ですのでおすすめといえます。

 

 

④整腸剤

 

 

直腸性便秘が続くと、便が腐敗して悪玉菌もどんどん繁殖してしまいます。

 

 

腸内環境が悪化していると便が固くなるため、整腸剤を服用するのが効果的です。特に市販では新ビオフェルミンS錠がおすすめです。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

 

3つの乳酸菌が善玉菌を増やして腸内環境を整えることで便が柔らかくなります。

 

 

1日1回食後に3錠服用していきましょう。そのまま食べてもヨーグルト風味でおいしいです。

 

 

3aマグネシアと併用することができますし、便秘が解消された後も予防として新ビオフェルミンS錠を服用していきましょう。

 

 

⑤病院

 

 

もし生活習慣や下剤などを使用しても解消されない場合、病院に行くようにして下さい。

 

 

直腸性便秘の場合には痛みが伴うこともあるので、自分で解消しようとせずに痛みを感じたら、すぐに医師に相談しても構いません。

 

 

病院では市販よりも効きやすい下剤を処方したり食事療法でのアドバイスをもらいながら解消していきます。

 

 

ということで直腸性便秘の症状、原因、解消法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ