下剤の腹痛

下剤の腹痛について!腹痛にならない便秘薬も紹介!

下剤の腹痛について!腹痛にならない便秘薬も紹介!

 

 

下剤を服用すると種類によっては腹痛を引き起こしてしまう場合があります。
特に経験上コーラックは必ずといっていいほど腹痛が起きるので注意です。

 

 

ここでは下剤の腹痛について、いつまでつづくのかなどを解説し
服用しても腹痛にならない下剤についてお伝えしたいと思います。

 

 

腹痛を引き起こしてしまう下剤について!

 

 

腹痛を起こしやすいビサコジルやセンナなどの成分を含んだ刺激性下剤です。

 

 

刺激性下剤は腸のぜんぞう運動(便を押し出す運動)を無理に動かすことで
腸が活発になりすぎて腹痛を引き起こしてしまうのです。

 

 

下剤の商品例で言うとコーラック、アローゼン、タケダ漢方便秘薬、プルゼニド錠、
センノシド錠、スルーラック、ビューラックなどが腹痛を起こす可能性があります。

 

 

またウィズワンなどの食物繊維がお腹の中で膨らむことで便を
押し出す膨張性下剤も腹痛になることがあるので注意してください。

 

 

 

会社:大正製薬

 

成分:プランタゴオバタとセンノシド

 

効果:便秘には服用から4時間ほどで効く
その他、肌あれ、吹出物、頭痛、のぼせ、食欲不振

 

値段:48日分で2480円

 

副作用:軽い腹痛 軽い下痢

 

いつまで腹痛が続くのか?

 

 

コーラックなどの場合には服用から30分ほどでお腹が
痛みだしおよそ15分間ほどは腹痛になってしまいます。

 

 

また腹痛があることは腸が活発になっている証拠ですが
便が固くなっているなどで出ない場合があるので注意してください。

 

 

下剤による腹痛を抑える場合には

 

 

やはり刺激性下剤は即効性が強い反面、腹痛などの副作用が出てしまいます。

 

 

もしこれらの下剤を服用する場合に腹痛になりたくない場合には
使用量を通常の半分にして服用するようにしてください。

 

 

下剤に慣れていない方なら半分の用量で、
副作用を出さずにしっかりと効果を出すことができます。

 

 

また服用するときに水よりも温かいお湯と一緒に飲んだ方が腹痛を抑えることができます。

 

 

もし腹痛が起きてしまったらお腹をマッサージして和らげましょう。

 

 

のの字マッサージと呼ばれており、おへその上からのの字をかくように
くるくるとお腹をなでることで活発な腸を抑制し痛みを抑えます。

 

1分ほど試してみてみるようにしましょう。

 

 

腹痛が起きない下剤

 

 

腹痛が起きない下剤の種類としては
マグネシウム系と整腸タイプの下剤が挙げられます。

 

 

マグネシウム系の下剤

 

 

マグネシウム系の下剤は酸化マグネシウムを配合した下剤で
塩分を加えて浸透圧の関係によって便に水分を含ませ柔らかくすることで便秘を解消します。

 

 

腸を活発にさせるわけではないので腹痛は起きません。
ただ服用量が多いと軽い下痢になる場合があります。

 

 

マグネシウム系の下剤は市販のものですと3aマグネシア
そして病院で処方されるものにはマグミット錠、マグラックス錠があります。

 

 

3aマグネシア

 

製薬会社:フジックス

 

値段:360錠4000円

 

用法容量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

整腸タイプの下剤

 

 

整腸タイプの下剤は乳酸菌やビフィズス菌によって整腸効果を
促すことによって、便秘を解消していきます。

 

 

最もお腹にやさしいタイプの便秘薬ですので副作用自体がありません。
整腸タイプの商品例ではビオフェルミン、ビオスリー、ラックビーなどがあります。

 

 

ビオフェルミン

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から1~2日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

正直、はじめて下剤を使用する方はビオフェルミンなどから使用して
3日間使っても効果がない場合に、刺激性の下剤を使用することをおすすめします。

 

 

以上、下剤の腹痛についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ