下剤による吐き気

下剤による吐き気の原因と対策について!

下剤による吐き気の原因と対策について!

 

 

下剤を服用すると吐き気を催してしまう場合があります。
特にアントラキノン系(大腸刺激性)の下剤によく起こります。

 

 

具体的にはコーラック、ビューラック、センナ、アローゼンなどが
アントラキノン系の下剤にあたるので注意してください。

 

 

ここではなぜ下剤によって吐き気が起きてしまうのか?
そして吐き気の対策法、吐き気の起こらない下剤などをお伝えしたいと思います。

 

 

なぜ下剤で吐き気が起こるのか?

 

 

①成分が胃で作用してしまっている

 

 

アントラキノン系の成分であるビサコジルやセンナは
腸で溶け出すことで腸のぜんぞう運動を活発にさせます。

 

 

しかしこれが胃の中で起きてしまうと吐き気を催してしまいます。

 

 

特によくあるのが空腹時に飲んでしまったケースです。

 

 

空腹時に飲んでしまうと胃酸が強いため下剤を
溶かしてしまい胃の中で成分が効いてしまいます。

 

 

すると胃が活発になり、また下剤自体が異物として
反応してしまうため、吐き気を催してしまいます。

 

 

下剤で吐き気を催すのはこのような理由があります。

 

 

下剤による吐き気の予防

 

 

吐き気を予防する場合には必ず胃の中に何か食べ物がある時、
そして、コップ1杯の水と一緒に服用し、コップ1杯分の水をしっかりと飲みきることです。

 

 

以上のことに注意すれば刺激性の下剤を飲んでも
吐き気が起こる可能性を下げることができます。

 

 

吐き気が起きた場合には

 

 

下剤を飲んで吐き気を飲んでしまった場合の対策法ですが
まず梅干しかりんごを食べるようにすることをおすすめします。

 

 

・梅干し

 

 

梅干しにはクエン酸が含まれており、クエン酸が吐き気を抑える働きをしてくれます。
船乗りの酔い止めとしても使われています。

 

 

 

 

・りんご

 

 

 

 

りんごにはペクチンと呼ばれる成分が含まれており、
胃酸の分泌を抑え、胃の運動を安定させる効果があります。

 

 

もし下剤で吐き気になったり、また便秘自体で吐き気を
催してしまった場合にもこれらの食べ物を食べてみてください。

 

 

吐き気が起こらない下剤を服用しよう

 

 

刺激性下剤ですと吐き気が起こりやすいので、
吐き気が起こりにくい塩化下剤か整腸剤を服用しましょう。

 

 

塩化下剤はマグネシウムによって、水分を吸収させることで
便を柔らかくして便秘を解消するタイプの下剤です。

 

病院ではマグミット、市販薬では3aマグネシアが有名ですね。

 

 

・マグミット

 

 

成分:酸化マグネシウムの緩下剤

 

効果:服用から数十分~数日

 

値段:1錠あたり:5.6円

 

副作用:下痢、軟便

 

 

・3aマグネシア

 

 

製薬会社:フジックス

 

値段:360錠4000円

 

用法容量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

副作用は全くなく、妊婦さんでも服用可能となっているので安心です。

 

 

整腸タイプでしたらやはり新ビオフェルミンS錠が有名です。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から1~2日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

 

これらの整腸剤や下剤は副作用が全くないので
吐き気が起こる心配がありませんので是非試してみください。

 

 

以上、下剤による吐き気の原因と対策についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ