便秘薬、下剤によるダイエットは危険

下剤ダイエットは1キロしか効果がない!?

下剤ダイエットは長危険!?間違いだらけの便秘薬の使用法!

 

 

女性の中には下剤などの便秘薬を使ったダイエットに効果的かと思われている方もいますが、

 

 

実は便秘薬を使用したダイエットは体に悪影響ですし、ダイエットの効果も全くない

 

 

ということなのです。ここでは便秘薬を使用したダイエットの危険性、リスクを紹介します。

 

 

なぜ下剤などの便秘薬を使ってもダイエットには効果がない?

 

 

便秘薬を服用することで、腸を刺激して排便作用が働き、たくさん便を出すのが下剤ダイエットですが、そもそも便をたくさん出したところで体重は落ちません。

 

 

便の重さというのは大きくとも300gなので、体重にはほとんど効果がないのです。

 

 

また1週間が便秘が続いて便が溜まったとしても、1キロほどですので
その場限りで1キロ体重は減りますが、便はまた溜まってしまうので意味ありません。

 

 

そもそも体重を減らしたり、体型をシェイプアップしたい場合には脂肪を燃焼するのがやはり一番効果的だとされます。

 

 

ダイエット目的で下剤や便秘薬の使用は全く意味がないということが分かりましたね?

 

 

しかしダイエット効果のないだけならいいのですが、便秘薬の継続的な服用は副作用や弊害などの危険性があるのです。

 

 

今度は便秘薬の服用による危険性を見ていきたいと思います。

 

 

下剤、便秘薬による弊害、副作用

 

 

便秘解消を目的とした便秘薬の使用は時々なら即効性があり効果があります。
しかしダイエット目的による継続的な服用は非常に危険です。

 

 

なぜなら下剤などの便秘薬は腸を刺激することによって非弁作用を促します。

 

 

しかし何度も便秘薬を使用し、腸を刺激してしまうと、それになれてしまい腸の動きが鈍くなってしまうのです。

 

 

すると今度は下剤なしでは便が排出されなくなってしまうという副作用があります。

 

 

即ち下剤依存症に陥ってしまいます。

 

 

下剤なしでは便が排出されないということです。

 

 

さらに腸の動きが鈍くなるということは腸内環境が悪化します。
腸内環境が悪くなると肌荒れやニキビの原因などの体調の悪化にもつながってしまいます。

 

 

一度下剤依存症になってしまうと、抜け出すのには長期的になってしまいます。
ダイエット目的による便秘薬の使用は非常に危険だということを覚えておいてください。

 

 

ダイエットというのは本来体重を落とすために健康的な生活を送り、新陳代謝をよくしたり、皮下脂肪を落とすことが目的です。

 

 

ですからダイエット目的には使用せずに、食生活の見直しなどの自然な治療法をお探しください。

 

 

以上、下剤ダイエットは長危険!?間違いだらけの便秘薬の使用法!でした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ