便秘薬の弊害と副作用について

依存症防止!便秘薬の種類を変えることで依存症は防げる!

依存症防止!便秘薬の種類を変えることで依存症は防げる!

 

便秘薬を使用して便秘を解消することは即効性があり効果的ですが
できれば自然な治療で治したいものです。

 

 

便秘薬による依存症のリスクとは?

 

 

また下剤の服用を続けてしまうと、腸が下剤の刺激に慣れてしまい
効果が使っているうちに効果が薄れてきます。

 

 

 

すると効果を得るために便秘薬の使用頻度や使用量も増やしてしまい
下剤依存症になるリスクもあり危険なのです。

 

 

下剤の種類を変えることで依存症のリスクを回避!

 

 

では下剤依存症になるリスクを減らした下剤の使用法はないのでしょうか?

 

 

下剤の種類を変えることにより、効果を持続させて
便秘薬の使用量を抑えることができます

 

 

また便秘薬ではなくて漢方薬に代えて排便作用を促して
便秘解消につとめるのも一つの手なので覚えておきましょう。

 

 

もし今、便秘薬の服用を考えている方は
同じ下剤や便秘薬を使用するのではなく、時には種類を変えてみてください。

 

 

 

 

 

ですが便秘薬を自分で何度も変えることは、自分に合わない薬を
使う可能性もあるので、不安な方は医師に相談することをお勧めします。

 

 

本当は下剤などの頼らない自然な治療法がオススメですので、
便秘薬による便秘解消は最終手段と心得ておきましょう!

 

 

以上、依存症防止!便秘薬の種類を変えることで依存症は防げる!でした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ