便秘薬と下剤による便秘解消法

子供への便秘薬、下剤の正しい使い方とリスク!

子供に便秘薬を使用するのは危険!?便秘薬、下剤の正しい使い方

t

 

便秘に悩む子供のために安易に下剤などの便秘薬を使用してはいけません。
ここでは便秘を子供に使用するときの注意点とお勧めの便秘薬を紹介します。

 

 

子供に便秘薬を使用するのは危険な理由

 

 

子供に便秘薬を使用するのはあまりお勧めできません。

 

 

特に子供にオススメできない便秘薬を子供は刺激が強い便秘薬です。

 

 

刺激性の強い便秘薬は腸の動きを活発にしすぎてしまい
下痢になってしまったり、未発達の子供には負担が大きすぎるのです。

 

 

またウンチを出す時に刺激を感じることにより、
排便に対する恐怖してしまいストレスも感じてしまうのです。

 

 

ですから安易に子供に便秘薬を用いるのはお勧めできません。

 

 

子供には使用できる便秘薬は何がある?

 

 

子供に便秘薬を服用する場合には刺激性の弱い便秘薬を使用しなければなりません。
代表的な便秘薬には整腸剤や機械性便秘薬です。

 

 

整腸剤は腸内環境を整えることで、便秘を解消する効果があります。
刺激の少ない下剤のため子供から高齢者のご老人にも用いられます。

 

 

機械性便秘薬には塩類性便秘薬や膨張型があります。

 

 

機械性便秘薬の特徴として便を柔らかくすることで便秘を解消させます。
刺激性も少ないので子供にも処方させる便秘薬と言えます。

 

 

子供に処方される代表的な便秘薬

 

 

刺激性便秘薬(下剤):コーラック、ビューラック、

 

機械性便秘薬(塩類型):スラーリア、ミルマグ

 

機械性便秘薬(膨張型):ウィズワン、サトラックス

 

 

子供に限らず大人にも言えることですが便秘解消にはあまり便秘薬に頼らず、食生活の見直しなどの自然な治し方による解消法で治すのがベストです。

 

 

しかしもし便秘薬を処方する場合には必ず病院に行き相談しましょう。
自分の判断でネットから市販の便秘薬を購入するのは危険ですので

 

 

必ず一度は医師に診察してもらい、症状に合った便秘薬を処方してもらいましょう。

 

 

以上、子供に便秘薬を使用するのは危険!?便秘薬、下剤の正しい使い方でした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ