マグラックス錠の効果と副作用

マグラックス錠の便秘への効果と副作用について!

マグラックス錠の便秘への効果と副作用について!

 

 

 

マグラックス錠は吉田製薬株式会社が製造されしている錠剤タイプの便秘薬となっていて主に妊娠中に処方される代表的な便秘薬のひとつです。マグラックス錠の値段ですが、1錠あたり5.6円となっています。

 

 

マグラックスは薬局やドラッグストアなど市販はされておりませんので服用したい場合には便秘外来や胃腸科、循環器科などに行き、処方してもらいましょう。妊娠中は産婦人科でも処方してもらうことができます。

 

 

マグラックス錠は2012年までは病院で処方される便秘薬の中で一番新しいタイプの薬でした。しかし2013年にアミティーザという30年ぶりの新薬が誕生しました。ただ今でもマグラックス錠はよく処方されています。

 

 

 

ここではマグラックス錠の便秘に対する効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。また市販でもマグラックス錠と同じ効果を得られる薬があるのでそちらも最後にお伝えしたいと思います。

 

 

マグラックス錠の効果について

 

 

マグラックス錠が便秘に効果的だとされるのは主成分である酸化マグネシウムによるものです。

 

 

この酸化マグネシウムが体の中に取り込まれると腸内が不足している水分を吸収し、固まった便に水分をもたせます。

 

 

すると便が柔らかくなり、またそれに伴って、腸内の運動も活性化されるということです。また腸管に水分が行き渡るので腸壁にこびりついた宿便も取り除くことができます。

 

 

腸を無理に活発させるわけではないため、腹痛などの刺激は全くなく、自然な排便を促し便秘を解消していきます。

 

 

特に直腸に固くなった便が溜まってしまった直腸性便秘には非常に効きます。また腸の動きが鈍くなった弛緩性便秘にも効きます。

 

 

さらにマグラックスの効果としては便秘だけでなく、胃酸の調整をしてくれるため、胃炎や胃もたれなどの症状を緩和する効果があります。

 

 

マグラックスの効き目の時間

 

 

マグラックス錠を服用してどれくらいで便意を感じるのかというとおよそ7時間前後で便意を感じ排便にいたります。

 

 

これは就寝前に服用して、ちょうど朝起きた時に排便が促されることで、本来の排便リズムを取り戻すことを目的としています。

 

 

またマグラックスの成分である酸化マグネシウムの臨床実験では、酸化マグネシウムを使用した方の65%の方が3日以内に便秘を解消することに成功できています。効き目も早く、解消できる可能性も高いと言えますね。

 

 

マグラックス錠とマグミット錠

 

 

またマグラックス錠と同じく酸化マグネシウムを配合したマグミット錠という便秘薬も便秘に処方されることがあります。両者の違いについて気になる方が多いですが、どちらも同じ成分なので効果も副作用も全く同じです。

 

 

成分:酸化マグネシウムの緩下剤

 

効果:服用から数十分~数日

 

値段:1錠あたり:5.6円

 

副作用:下痢、軟便

 

 

ただし病院ではマグミット錠とマグラックス錠、どちらも処方されますが、傾向としてはマグラックス錠を処方している病院が多いですね。(メーカーとのお付き合いの関係でしょう)

 

 

マグラックス錠の副作用について

 

 

マグラックス錠は基本的に安全性が高い便秘薬でほとんど副作用がありません。子供でも妊婦さんでも服用可能です。

 

 

しかし服用量が多い場合には軟便や下痢などの副作用を引き起こしてしまう可能性があります。また過剰摂取により極めて稀にですが高マグネシウム血症という症状を引き起こして吐き気 嘔吐 口渇 血圧低下が生じる可能性があります。ただし服用量を守れば起きることはほぼありません。

 

 

万が一このような副作用が出ましたら医師に相談するようにしてください。

 

 

またマグラックス錠は刺激によって便秘を解消するわけではありません。そのため長期的に便秘に使用しても腸の運動が鈍くなったり、癖になることはありません。

 

 

マグラックス錠の飲み方について

 

 

マグラックスで便秘を解消する場合の飲み方としては

 

①1日3回食後に1回あたり1錠服用します。

 

 

②また飲む場合にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしてください。
※水は全部飲みきるようにしてください!

 

 

③牛乳と飲んでしまうと高カルシウム血症になる可能性があるので牛乳とマグラックス錠を一緒に飲まないようにしましょう。

 

 

④1週間服用しても効果がない場合には使用を控え、医師に確認するようにしてください。

 

 

以上がマグラックスの基本的な飲み方となります。

 

 

ですがマグラックス錠の服用量やタイミングなどは人によって違うのでしっかりと医師に確認するようにしてください。

 

 

マグラックス錠と同じ市販薬

 

 

また市販の場合には3aマグネシアがマグラックス錠と同じ働きをして便秘を解消します。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法用量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

同じ酸化マグネシウムを配合しているので、病院に受診せずとも、市販の3aマグネシアを服用すればマグラックス錠と同じ効果が得られるので、試してみるのもありですね!

 

 

ということでマグラックス錠の便秘への効果と副作用についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ