ポリフルと便秘

ポリフル錠の便秘解消の効果と副作用!

ポリフル錠の便秘解消の効果と副作用!

 

ポリフル錠はアボットジャパン株式会社から製造されている白い錠剤タイプのお薬で主に過敏性腸症候群などの治療に用いられます。

 

 

薬局やドラッグストアなどでは販売されておらず、内科や胃腸科で処方される薬です。薬価は1錠あたり26.00円となっています。

 

 

また腸内での水分を調節して、便の固さをちょうどよくする働きがあるため下痢や便秘両方にも効果があるとされます。そのため、男性が起こしがちな下痢と便秘を繰りかえす痙攣性便秘に対してもポリフル錠は処方されますね。

 

 

ここではポリフル錠の便秘への効果について副作用、服用方法と一緒にお伝えしたいと思います。

 

 

ポリフル錠の便秘への効果について

 

 

ポリフルの主成分にはポリカルボフィルとカルシウムのふたつが含まれており、これらが便秘に対して効果的に作用します。

 

 

①ポリカルボフィル

 

 

ポリカルボフィルというのはポリアクリル樹脂からつくられ、体内で水分を吸収することで、ゲル状となって膨れ上がる働きを持っています。

 

 

こんにゃくやところてんなどに含まれるネバネバした水溶性食物繊維ほとんど同じ成分であり、これが腸内で柔らかく滑らかな便を形成させることによって排便しやすくなります。

 

 

②カルシウム

 

 

そしてカルシウムは体内の水分量を調節し、便を適度な固さにしてくれるのです。
便が固い場合には水分を多く含ませ、下痢の場合には水分を取り除く作用が働きます。

 

 

酸化マグネシウムを配合した3aマグネシアなどに似ていますが、酸化マグネシウムは大腸に水分を集めるため、水分を減らすという効果はありません。副作用で下痢になる場合があるのですが、ポリフル錠にはそのようなことは起きません。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

効果:服用から1~2日

 

値段:360錠4000円

 

副作用:上限を超えて服用すると下痢になることも

 

 

以上のようにポリフル錠はポリカルボフィルとカルシウムの2つの成分により便秘、下痢、過敏性腸症候群それぞれに効果的なのです。

 

 

特に便秘の場合には男性に多い下痢と便秘を繰り返す痙攣性便秘、そして直腸内で便が溜まってしまう直腸性便秘、さらに腸の動きが鈍くなる弛緩性便秘などあらゆる便秘に対して効いていきます。

 

 

ポリフル錠の便秘への効き目

 

 

ポリフル錠はどれくらいで便秘に対して効いていくるのかというと

 

 

・効き目の時間としては早いとカルシウムが大腸に水分を集めて、約8~10時間後には効いていきます。

 

 

・ポリカルボフィルが膨れ上がるのに時間がかかり、服用してからおよそ24時間~48時間ほどで効果があるとされます。

 

 

・また過敏性腸症候群の場合には1~2週間ほど中期的な服用が求められます。

 

 

2つの成分によって解消するため、効き目に時間差があります。また排便後は腸の自然な運動のリズムを取り戻すことが可能となっています。

 

 

通常の便秘の場合には1週間服用しても解消できなければ効果がないとされます。

 

 

ポリフルの副作用について

 

 

ポリフル錠の副作用は刺激によって便秘解消するわけではないためほとんどありません。ただしポリカルボフィルが膨れることによる腹部膨張は起こることがあります。

 

 

また稀にですがカルシウムの摂取による高カルシウム血症という副作用が起こるという報告があります。

 

 

高カルシウム血症:吐き気、嘔吐、口の渇き

 

 

副作用があらわれても数日は服用し続けて、それでもおさまらない場合には一旦控えて医師に相談するようにしましょう。

 

 

下剤の副作用である腹痛や下痢は起きないとされますので安心してください。基本的に用法用量をしっかりと守れば副作用というのは起きないとされます。

 

 

ポリフル錠の飲み方について

 

 

ポリフル錠で便秘を解消する場合の飲み方としては

 

 

①1日に3回食後に1錠ずつ服用するのが効果的とされます。

 

 

②飲む際は必ずコップ1杯の水と一緒に飲んでください。水は全て飲み切るようにしてください。

 

 

水と一緒に飲まないと体内でポリカルボフィルが膨れ上がった時に詰まらせてしまう危険性があるため必ず水を飲んでください。

 

 

③そしてポリフルは長期的な服用は避けるようにされています。便秘には1週間、過敏性腸症候群は2週間以内に効果がなかったら使用を中止しましょう。

 

 

④また便秘が解消された場合にはその時点で服用はストップしましょう。

 

 

以上が便秘解消のためのポリフル錠の飲み方です。用法用量は個人差があるので医師にしっかりと確認するようにして下さい。

 

 

便秘や下痢両方に効果的な珍しい便秘薬です。ポリフル錠と同じような効果のある市販薬というのは一切ないので、もし試したい場合には病院の診察を受けて、処方してもらうようにしましょう。

 

 

ということでポリフルの便秘解消の効果と副作用でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ