コーラックの腹痛と効き目の時間

【コーラックで腹痛!?】コーラックの副作用と効き目の時間など!

コーラックで腹痛が!?副作用と効き目の時間について!

 

 

コーラックは大正製薬が製造している「ピンクの小粒コーラック」というCMでおなじみであり今もなお人気の下剤です。薬局やドラッグストアに行けばほとんど置いてありますね。

 

 

  

 

 

私も長く愛用させて頂いているのですが、本当に錠剤も小さくて口に含んでもほんのりと甘いため、水なしでも飲めてしまいます。しかし最初にコーラックを服用した時は腹痛でめちゃくちゃマジで痛かったです。みんながピンクの悪魔と呼ぶ理由が分かります。

 

 

コーラックを服用することで腹痛に襲われてしまう方が実際とても多いです。※どんな風にお腹が痛いか例えますと、お腹に悪いものを食べてしまった時のような痛みに似ていますね・・・。ちなみにだいたい1時間はお腹が痛い状態が続きます。

 

 

基本的にコーラックは副作用が少ないのですが、それでも腹痛になってしまう場合は

 

 

①はじめて使用するべきコーラックを誤っている

 

②使用方法を間違っている

 

 

この2点があげられると思います。

 

 

ここではコーラックをはじめて服用しようと思う方のために、最初に服用するべきコーラック、そして効き目の時間、正しい飲み方、副作用についてお伝えしたいと思います。

 

 

はじめてのコーラックには何がいい!?

 

 

まずコーラックといっても種類が5種類(坐薬タイプも入れると6種類)あります。

 

 

①コーラック(慢性的な便秘)

 

 

ベーシックタイプのコーラックですが、ほとんどの人がこのコーラックを最初に使用してしまいます。しかし通常のコーラックを最初に服用するのは誤っているので要注意です。

 

 

②コーラックⅡ

 

 

コーラックⅡにはDSS(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)が配合されており、これが大腸内に水分を集めて、固い便を柔らかくさせることができます。

 

 

③コーラックファイバー(食物繊維で便を出す)

 

 

 

プランタゴ・オバタ種皮という食物繊維が配合されており、食物繊維が不足気味な方に効いていきます。またビタミンBも配合されており、肌荒れにも効くため女性には非常に人気な種類です。

 

 

④コーラックハーブ(生薬によって便を出す)

 

 

コーラックハーブはセンノシドという生薬が配合されており、大腸の運動を活発にしていきます。ちなみに唯一市販の便秘薬でセンノシドが配合された珍しい便秘薬です。

 

⑤コーラック坐薬タイプ

 

 

肛門から注入することですぐに大腸を活発にさせることができて、10~30分ほどで効きます。コーラックの中でも一番即効性があるとされます。

 

⑥コーラックファースト

 

 

 

そしてはじめて使用する場合にはこのコーラックファーストを服用するようにしましょう。大正製薬の公式サイトもこのコーラックファーストを最初に使用するように勧めています

 

 

 

コーラック公式サイトより

 

 

コーラックはビサコジルという成分が大腸の粘膜を刺激して腸を活発にさせるのですが、コーラックファーストはこのビサコジルの配合量が抑えられています。ベーシックタイプは1錠あたり5mgのビサコジルが配合され、コーラックファーストは2.5mgとビサコジルが配合されています。

 

 

コーラックファーストは成分的には半分に抑えられているため、副作用が起こりにくいとされます。そのためはじめて使用する場合にはコーラックファーストを使用してください。

 

 

私も長年愛用していますが、使い勝手の良さや値段についても非常に満足しています。コーラックファーストの値段は20錠入りで、513円と一番安く手軽に始められるメリットがあります。

 

 

 

コーラックファーストの効き目

 

 

コーラックファーストの効き目としては服用から1時間後とされます。
効き目が一番ゆるかやかですが、それでも他の便秘薬よりは即効性があります。

 

 

ちなみいベーシックタイプのコーラックであれば30分ほどで効くため効き目は2倍早いとされます。しかし副作用もその分起こりやすいです。

 

 

コーラックファーストの飲み方

 

 

そして飲み方についてはしっかりと確認するようにしましょう。ちなみにコーラックファーストは11歳以上から服用することができます。※ベーシックタイプは15歳以上から

 

①コーラックファーストは1日に1回1~4錠を就寝前か空腹時に水と一緒に服用するものとなります。

 

 

②はじめて服用する人はまず、就寝前に1錠を飲み、様子を見るようにしてください。
ここでいきなり2錠以上飲むとほぼ確実に腹痛がおきます。

 

 

③就寝前に1錠服用すると翌朝起きるとすぐに便意を催すことができます。
また空腹時に飲んでも、およそ効き目の時間としては1時間後に便意を催すことになりますね。

 

 

④服用する時は温かい水で飲むようにしましょう。
冷たい水で飲むと腹痛が起こりやすくなるので注意です。

 

 

⑤排便があれば、とりあえず服用は控えて自然に排便できるか確認しましょう。
もし効果がなかった場合ですが、次の日にも服用量は増やさないで1錠のまま飲みましょう。

 

 

⑥それでも効果がなければ、次の日は2錠服用しましょう。
1錠ずつ服用量を増やして最大で4錠です。

 

 

⑦そして1週間服用しても効果がなければコーラックの服用は控えるようにしましょう。

 

ということで以上がコーラックの飲み方です。

 

 

皆さん水で飲みますが、副作用をできるだけ起こさないようにするのであれば、お湯と一緒に飲むようにしましょう。

 

 

コーラックの副作用について

 

 

最後にコーラックの副作用についてですが、どのようなものがあるかというと
胃痛、吐き気、腹痛、下痢が起こる可能性があります。

 

 

このうち軽い腹痛であれば、我慢して服用を続けるようにしましょう。激しい腹痛や吐き気、下痢で出てしまう場合には服用は控えましょう。また痛み止めと一緒にコーラックを服用する方がいらっしゃいますがビサコジルの成分はロキソニンなどの痛み止めでは防ぐことはできないので注意してください。

 

 

ただしコーラックファーストを1錠ずつ服用すれば副作用が起こることはほとんど心配はいらないとされます。※友達はしょっぱなから、1回で4錠を服用したら、急激な腹痛に襲われてしまいました(しかも排便に至らず)

 

 

またコーラックのビサコジルは刺激成分で使えば使うほど、効き目が鈍くなります。長期的に連用することで全く効かなくなるだけでなく、腸の自然な運動が鈍くなってしまいます。ですのでコーラックを服用するときはどうしてもの時にだけ服用するようにしましょう。

 

 

コーラックまとめ

 

 

①はじめてのコーラックはコーラックファースト

 

 

②効き目の時間は早くて翌朝、遅くても2日目には出る!

 

 

③嘔吐、吐き気、下痢の副作用が出たら服用は控える!

 

 

使い方をしっかりと守れば、頼りになる味方ですので、皆さんぜひ上記の飲み方や注意事項を守って服用するようにしましょう。

 

 

ということでコーラックの効き目、飲み方、副作用についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ