ビサコジルについて

便秘を解消させるビサコジルの効果や副作用!

便秘を解消させるビサコジルの効果や副作用!

 

 

ビサコジルという成分は腸の動きを活発にさせる効果があり下剤などにも主成分として含まれていることが多いです。

 

 

すべての便秘薬の中でも一番の即効性がありますが、刺激的なため副作用も多いのも事実です。

 

 

ここではビサコジルの効果と副作用そしてビサコジルを含んでいる便秘についてもお伝えしたいと思います

 

 

ビサコジルの便秘への効果について

 

 

ビサコジルというのは主にふたつの作用によって便秘を解消してくれます。

 

 

大腸運動の活性化

 

 

まず一つ目が皆さんもご存じ、大腸の運動を活性化させる働きです。

 

 

それは下剤を飲みビサコジルが溶け出すと副交感神経に刺激を与えるのです。すると、便秘の原因である動きの鈍った腸が動き出していくのです。

 

 

下剤を飲んでからこの作用が働き便意が感じられるのも4時間以内と非常に即効性があります。多量に摂取する場合には1時間ほどで効いてくることもあります。

 

 

ただしビサコジルは腸全体がヒクヒクと痙攣させるわけですから、腹痛が起こる場合が起こることもあります。

 

 

水分保持の効果

 

 

またビサコジルの効果は大腸の活発化だけでなく、大腸によって便の水分が吸収されるのを防いでくれる効果もあるのです。

 

 

これによって便が柔らかいまま維持されるため、腸の運動が活性化される際に便が排出されやすくなります。

 

 

以上のようにビサコジルは便秘に対して効果が得られるとされます。特に腸の運動が鈍くなっている弛緩性便秘などに有効とされます。

 

 

女性の便秘は生理などによりホルモンバランスが崩れ腸内の水分が少なることで便秘になるとされています。

 

 

そのためビサコジルを摂取することで腸内の水分が奪われるのを防ぐことができるため、特に女性の便秘には効果的です。

 

 

ビサコジルの副作用について

 

 

ビサコジルは刺激性の強い成分であり、人によっては副作用が起きてしまうことが多いです。特にビサコジルに多い副作用として、腹痛が起きてしまうことです

 

 

腸が活発になりすぎて、悪い食べ物を食べた時のようなお腹の痛みに襲われてしまいます。私もビサコジルの下剤であるコーラックを1錠服用したら腹痛になってしまいました。

 

 

軽い腹痛であれば問題ありませんが、あまりに痛む場合には服用を控えましょう。

 

 

その他にも胃腸の痛みや残尿感などの副作用があります。もしこのような副作用が発生したら、ビサコジルの含んだ下剤や便秘薬を飲むのは中断してください。

 

 

またビサコジルは副作用があることから、妊婦さんや子供の便秘解消には使用してはいけないということになっています。

 

 

さらにビサコジルを長期的に摂取しつづけてしまうことによって、ビサコジルなしでは排便できない下剤依存症に陥る可能性があるので注意してください。服用する際にはどうしても出ないときに限り、また1週間以上服用しないようにしましょう。

 

 

ビサコジルを含んでいる便秘薬

 

 

具体的にビサコジルを含んでいる下剤を紹介したいと思います。ビサコジルを配合した便秘薬は刺激性下剤のジフェニルメタン系に分類されています。

 

 

市販の便秘薬ではコーラックとスルーラックSが有名です。また病院で処方されるビサコジルにはテレミンソフト座薬が挙げられます。

 

 

・コーラック

 

 

会社:大正製薬

 

成分:ビサコジル

 

効果:服用から数十分 即効性がある

 

値段:350錠入2500円

 

副作用:腹痛 吐き気

 

 

ビサコジルを含んだ下剤で最も有名なのがコーラックでしょう。非常に即効性が高いですが、ほとんどの方が腹痛を経験するほどです。

 

 

はじめて飲む場合には必ず1錠から飲むようにしてください。また水よりもお湯で飲むほうが腹痛が起きにくいのでお湯で飲むのがポイントです。

 

 

スルーラックS

 

 

会社:エスエス製薬

 

成分:ビサコジル・センナ

 

効果:服用から数十分~数時間

 

値段:40錠入680円(税込)

 

副作用:腹痛 吐き気

 

 

ビサコジルとセンナの2つの有効成分が腸を活発にさせる働きがあります。ビサコジルは神経に作用して排便を促しますが、センナは腸の粘膜を分を促すことで便意を起こす働きを持っています。

 

 

ビサコジルの配合量が少ないためコーラックよりも副作用が少ないですが、効果は劣ってしまいます。

 

 

ビサコジルを使用した下剤で有名なのが以上のふたつです。個人的にビサコジルを配合した便秘薬は早く出したいときに服用するのが望ましいです。

 

 

ただビサコジルは刺激が強いため、使用する際は必ず1錠から服用していきましょう。そして1週間服用しても効果がない場合には服用を控えましょう。

 

・テレミンソフト座薬

 

 

会社:味の素製薬

 

値段:1個あたり21.1円

 

効果:10~30分ほどで効いていきます

 

使用法:1回1本を直腸内に注入します。座薬の先端に水をつけると入れやすいです。
注入後は激しい運動は避けてください。

 

 

病院で処方されるビサコジルには内服薬はなく、座薬によるものしかありません。その中で最も有名なのがテレミンソフト座薬です。

 

 

肛門に注入して直腸ですぐに溶けだして、便意を起こすため30~1時間後と即効性がトップクラスとなっています。使用したい場合には病院を受診するようにしましょう。

 

 

ということで便秘を解消させるビサコジルの効果や副作用でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ