センノシド錠と便秘

センノシド錠の便秘への効果と副作用について!

センノシド錠の便秘への効果と副作用について!

 

 

 

センノシド錠は沢井製薬株式会社が製造している大腸を刺激することによって便を押し出すぜんぞう運動を促す刺激性下剤のひとつです。

 

 

センノシド錠は薬局やドラッグストアなどでは市販されておらず、病院で処方してもらわなければ服用することができません。センノシド錠の薬価は1錠あたり5円となります。

 

 

このセンノシド錠ですが現在では胃カメラの検査でバリウムを飲んだ後に、そのバリウムを排出させるためにセンノシド錠が処方されることが多くなりました。もちろん便秘に対しても処方されます。

 

ここではセンノシド錠の便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。また最後にこのセンノシド錠と同じ効き目のある便秘薬を紹介したいと思います。

 

 

センノシド錠の便秘への効果

 

 

センノシド錠の有効成分はセンナという植物から抽出された
成分である『センノシド』が配合されており、このセンノシドが便秘に効いていきます。。

 

 

具体的にはセンノシドが大腸まで運ばれるとレインアンスロンという物質に変わり、大腸の粘膜を分泌させることで、便を押し出すぜんどう運動を促して便意を引き起こします。

 

 

また大腸は便の水分を吸収する働きがあり、滞在時間が長いほど水分を吸収して便を固くしてしまいます。しかしセンノシド錠を服用することで大腸の水分吸収を阻害して便の柔らかさを維持させる効果も持っています。

 

 

以上のふたつの働きによってセンノシド錠は便秘に効いていきます。特にセンノシド錠が効果的な人は自然な腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘、そして直腸に固い便が溜まっている直腸性便秘に効果的です。

 

 

またセンノシド錠を使ってはいけない方は痙攣性便秘の方です。痙攣性便秘は下痢や便秘を繰り返すなど、腸の運動が不規則なタイプの便秘で特に男性に多いです。痙攣性便秘の方がセンノシド錠などの刺激性の便秘薬を使用すると症状が悪化してしまう可能性があるので、注意してください。

 

 

センノシド錠の効き目について

 

 

センノシド錠はどれくらいで効くのかというと効き始めるのが服用からおよそ8~10時間後ですので、寝る前に飲んで、朝になると排便することができるようになってます。

 

 

これにより、朝の排便のリズムを作り出すことができてセンノシド錠なしでも排便を可能にさせることができます。

 

 

ただセンノシド錠に頼りすぎるのは良くないです。あくまでも便が溜まり、どうしても出ないときにだけ使用するようにしてください。

 

 

センノシドでの解消を試みた結果

 

 

センノシド錠は服用したことがないのですが、同じセンノシドを配合した市販のコーラックハーブを服用したことがあります。

 

 

ただ3日間服用したのですが、お腹がキュルキュルとするのは分かりましたが、イマイチ決め手に欠けていました。※おそらくセンノシド錠でも解消は難しかったでしょう。

 

 

普段から便秘薬を服用している慢性的な私の便秘の解消はできませんでしたが、突発的な便秘には効くと思います!

 

 

ちなみにセンノシドでは解消できなかったですが、今ではしっかりと便秘を解消することができていますので参考までに↓

 

医師が教えてくれた!センノシドやビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままでヨーグルト、センノシドなどの下剤、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・

 

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

 

センノシド錠の副作用について

 

 

センノシド錠は刺激が強いと勘違いされていますが、生薬によって緩やかに大腸を刺激するため副作用は起こりにくいです。ただし稀にですが腹痛、吐き気、下痢、お腹がゴロゴロする、嘔吐などの副作用がが起こる可能性があるので注意してください。

 

 

もし症状が現れたら、少し様子を見て、もう一度試してみてください。それでも副作用が生じたら使用を止めてください。

 

 

またセンノシド錠は長期的に使用すると効果がなくなっていきます。長期連用(1週間以上継続して)は避けるようにしてください。使用しすぎてしまうと、下剤なしでは排便できない下剤依存症に陥ってしまいます。

 

 

センノシド錠の飲み方について

 

 

センノシド錠で便秘を解消するための飲み方ですが、

 

 

①1日1回就寝前に1~4錠飲みます。

 

 

②最初は1錠だけ飲んで様子をみるようにしてください。

 

 

③朝起きて排便に至らない場合には、今度は1錠量を増やしましょう。最大で4錠まで増やすことができます。
もし排便することができたら一旦服用は中止するようにしましょう。

 

 

④副作用が出たり、1回4錠服用してみても効果がない場合には
センノシド錠の服用を中断するようにしてください。

 

以上がセンノシド錠の服用方法です。

 

 

ただ個人によって飲み方が少し違いがありますので
処方してくれる医師に説明をしっかり聞いてください。

 

 

センノシド錠と同じ効き目のある便秘薬

 

 

またセンノシド錠と同じ成分であるセンノシドを配合した便秘薬が他にあります。病院で処方される薬ではアローゼン顆粒、市販の便秘薬ではコーラックソフトが挙げられます。

 

 

・アローゼン顆粒

 

 

会社:株式会社ポーラファルマ

 

成分:センノシド

 

値段;60包(2か月分)で1230円

 

服用方法:就寝前に1日1包水と一緒に混ぜて服用する

 

 

便秘の場合にはセンノシド錠よりもどちらかというとアローゼン顆粒の方がよく処方されますね。錠剤ではなく水に混ぜて飲みます。無味ですので飲みやすくなっています。

 

 

・コーラックハーブ

 

 

会社:大正製薬

 

値段:63錠 2646円

 

有効成分:センノシド、甘草

 

飲み方:1日1回(1回1~2錠)就寝前に服用していきます。

 

 

コーラックソフトは市販薬のため病院でセンノシド錠を処方してらもわずとも同じ効果が得られます。ただしコーラックソフトは腸の運動を抑える甘草が配合されているので、効き目はセンノシド錠よりも落ちますので注意してください。

 

 

ということでセンノシド錠の便秘への効果と副作用でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ