ピコスルファートナトリウムと便秘

ピコスルファートナトリウムの便秘への効果と飲み方!

ピコスルファートナトリウムの便秘への効果と飲み方!

 

 

ピコスルファートナトリウムは腸を刺激することで便秘を解消する刺激性下剤に使用されている成分のことです。ピコスルファートナトリウムは刺激性下剤にも関わらず、体にやさしい成分なため、子供の便秘や妊娠中の方にも使用できます。

 

 

実際の製品ではラキソベロン液に配合されています。薬局やドラッグストアなど市販はされておらず、病院で処方してもらうことで使用できます。

 

 

ここではピコスルファートナトリウムの便秘への効果と副作用、
そして飲み方(ここではラキソベロン液)についてお伝えしたいと思います。

 

 

ピコスルファートナトリウムの便秘への効果について

 

 

ピコスルファートナトリウムは主に2つの働きによって便秘を解消します。

 

 

①大腸の運動を活性化

 

 

ピコスルファートナトリウムを摂取すると大腸まで運ばれ大腸内の細菌が持つ酵素によって分解され、腸壁を刺激し始めます。すると便を押し出すぜんどう運動を活発に促すことで便意を引き起こします。

 

 

ビサコジル(コーラック)やセンナなども大腸を刺激しますが、ピコスルファートナトリウムはそれらよりもゆっくりと刺激するため安全性が高く、子供や妊婦さんでも使用可能です。

 

 

②水分保持

 

 

大腸に便が滞在していると、どんどん便の水分を吸収しようとします。これにより便秘が続くほど便は固くなってしまいます。しかしピコスルファートナトリウムは大腸の水分吸収を阻害して水分を保持させる働きを持っています。

 

 

以上のようにピコスルファートナトリウムによって大腸、直腸内に溜まっている便を柔らかくい状態をキープして、さらに排便を促すことができます。特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、直腸に固い便が溜まった直腸性便秘に対して効果があります。

 

 

ピコスルファートナトリウムの効き目

 

 

ピコスルファートナトリウムを使用することでどれくらいで効くのかというと
服用してから約7~12時間後に便意を催すことができます。非常に即効性が高いと言えます。

 

 

また就寝前に服用していくのですが、朝起きた時にちょうど便意を起こすことができて、朝の排便リズムを作り出すことができます。

 

 

ピコスルファートナトリウムの副作用について

 

 

ピコスルファートナトリウムは刺激性ですが、他の成分に比べて副作用はほとんどありません。しかし服用量を多く摂取してしまうと腹痛、腹部膨張、胃もたれなどの副作用が起きるのが確認されています。

 

 

最初は最低量がはじめてみてみるようにしましょう。また即効性があるからといって便を出したい時にピコスルファートナトリウムを何度も繰り返して使用するのは控えるようにしてください。

 

 

何度も続けて使用することで本来の腸の動きである自然排便ができなくなりピコスルファートナトリウムなしでは排便できない『下剤依存症』になってしまいます。飲み物や食べ物などでの便秘解消に取り組んでみて、それでも解消されない時にのみ使用してください。

 

 

ピコスルファートナトリウムの便秘薬と飲み方

 

 

ピコスルファートナトリウムを配合した便秘薬というのは病院で処方されるものはラキソベロン液、市販ではピコラックス錠が挙げられます。※コーラックソフトも配合されていましたが販売が終了されましたので市販ではピコラックスのみとなります。

 

 

・ラキソベロン液

 

 

会社:帝人ファーマ

 

値段:10gで約600円

 

成分:ピコスルファートナトリウム

 

副作用;軽い腹痛、胃腸の調子が悪い

 

ピコスルファートナトリウムと言えばラキソベロン液が一般的です。妊婦さんや子供にも処方されます。味は甘くて子供でも飲めるようになっています。

 

ラキソベロン液の飲み方は

 

①1日1回就寝前に飲んでいきます。

 

 

②コップ1杯の水に10滴ほどたらして、水と一緒に飲みます。

 

 

③水は多めに飲むのが良いとされているため、コップ1杯にラキソベロン液を混ぜて全て飲み干しましょう。

 

 

④朝起きた時ともにラキソベロンのピコスルファートナトリウムが効いてくるので排便に至ります。

 

 

⑤10滴を飲んでも効果がない場合には、1日おきに1滴ずつ量を増やしていきます。※15滴が上限で15滴でも排便に至らない場合にはラキソベロンの使用を中止してください。

 

 

・ピコラックス

 

 

会社:佐藤製薬

 

値段:50錠で777円

 

成分:ピコスルファートナトリウム

 

副作用;軽い腹痛、胃腸の調子が悪い

 

飲み方:1日1回(2錠~3錠)就寝前に水と一緒に飲んでいきます。

 

ピコラックスという錠剤型の便秘薬にもピコスルファーストナトリウムが配合されています。ですがあまり取り扱っていないお店が多いのでネット通販で購入することになるでしょう。

 

 

以上がピコスルファーストナトリウムを配合した便秘薬とその飲み方です。ただラキソベロン液は症状によって、用量が変わってきますので医師に従ってください。

 

 

ピコスルファートナトリウムは即効性が高く、安全性も高いので便秘薬の成分の中で非常におすすめです。

 

 

ということでピコスルファートナトリウムと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ