便秘とアミティーザ

アミティーザの便秘への効果と副作用、飲み方について!

アミティーザの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

株式会社スキャンポファーマしているアミティーザは病院で処方してもらえるカプセル型の便秘薬で、慢性の便秘に対して効果的とされます。

 

 

アミティーザの薬価は1錠で161.10円で1か月分が処方された場合には自己負担で約3000円とされます。他の便秘薬の薬価は1錠で5円ほどですのでとても高額だと言えます。

 

 

実はこのアミティーザは2013年約30年ぶりに新登場した便秘薬です。便秘の新薬としてためしてガッテンなど多くのテレビで取り上げられました。

 

 

※アミティーザの前は酸化マグネシウムが新しい便秘でした。

 

 

ここではアミティーザの便秘への効果と副作用、酸化マグネシウム錠との違い、そして服用方法についてお伝えします。

 

 

アミティーザの便秘への効果

 

 

アミティーザが便秘に効果的とされるのは有効成分であるルビプロストンという成分が含まれるからです。オリジナルの成分で他の便秘薬には一切含まれません。

 

 

ルビプロストンを摂取すると小腸のクロライドチャネルという物質を活性化させます。これが活性化することで腸液が分泌されるようになり腸内の水分を集めます。

 

 

集まった水分が便に含まれることによって便を柔らかくします。さらに腸管に水分が満ちることで便がスムーズに通りやすくなります。

 

 

その便の移動と連動して腸の運動も活発になることで、便を押し出すぜんどう運動を促し、慢性の便秘を解消します。

 

 

以上のようなメカニズムによって便秘を解消します。特に腸の運動が停滞している弛緩性便秘や直腸で便が溜まった直腸性便秘に効いていきます。

 

 

アミティーザの効き目

 

 

アミティーザがどれくらい効果があるのかを便秘に悩む方、62人に対して臨床実験を行いました。するとアミティーザを服用して32人(58%)の方が24時間以内に排便できたとされます。

 

アミティーザを服用することで24時間以内には2人に1人は便秘を解消できるので効果は非常に高いと言えます。また3日間服用することで、さらに多くの方が解消できるとされます。

 

 

また服用から13時間後に最も便意を感じたかたが多かったためアミティーザの効き目は服用から約13時間後と言えるでしょう。

 

 

酸化マグネシウム系の便秘薬との違いは?

 

 

アミティーザは水分を腸に吸収させることで便を柔らかくしますがマグミット錠などの酸化マグネシウムを配合した便秘薬と効果が似ています。

 

 

成分:酸化マグネシウムの緩下剤

 

効果:服用から数十分~数日

 

値段:1錠あたり:5.6円

 

副作用:下痢、軟便

 

 

アミティーザと酸化マグネシウム錠はどこが違うのかというと

 

 

・アミティーザは小腸に水分を集める

 

・酸化マグネシウムは大腸に水分を集める

 

 

という違いがあります。

 

 

また酸化マグネシウムは大腸に水分を集めることから下痢や腹痛になりやすいというデメリットがありました。

 

 

しかしアミティーザでは小腸で水分を集めることによって下痢や腹痛になる可能性を抑えられるようになりました。※それでも完全に副作用を抑えることはできません。

 

 

アミティーザの方が優れていると言えますが、基本的な効果は両方ともあまり変わりません。ただ値段は酸化マグネシウムの方が圧倒的に安いです。

 

 

実のところ病院では酸化マグネシウム系の便秘薬の方がアミティーザよりもよく処方されます。

 

 

アミティーザの副作用について

 

 

アミティーザは刺激が少なく、安全性の高い下剤ですがまれに副作用が起こってしまう場合があります。

 

 

特に下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、呼吸困難などが起こる場合があります。ただはじめて飲んだときはどうしても副作用を起こしやすいので、様子をみてください。

 

 

次に服用するときは副作用は起こりにくくなります。もしそれでも副作用が起きる場合には服用を控えるようにしましょう。

 

 

またアミティーザは刺激性下剤ではないため、癖になることはありません。そのため長期間使用することができます。

 

 

基本的に用法用量を守れば副作用が起こることはなく、安全な便秘薬です。

 

 

ただし妊婦さんは服用することはできません。新薬なため妊婦さんへの安全性はまだはっきりとしていないためです。

 

 

アミティーザの便秘への飲み方

 

 

アミティーザで便秘を解消する場合の飲み方ですが

 

 

①1日2回朝と夜の食後に1錠ずつ服用します。

 

 

②また服用するときはコップ1杯の水といっしょに飲みます。
水分が多いほど効果があるので飲み干しましょう。

 

 

③もし効果があればその時点でアミティーザの服用はやめましょう。

 

 

④最低でも3日間は服用するようにしてください。
3日継続しても効果がない場合には中止しましょう。

 

以上がアミティーザの便秘への飲み方です。医師から説明を受けますのでしっかりと聞くようにしましょう。

 

 

アミティーザは32年ぶりの下剤の新薬ですので今までの下剤よりも効果的で且つ、副作用も少なく開発されています。

 

 

今までにない便秘薬ですので試してみる価値は大いにあります。市販されてはいないので、服用したい場合には病院を受診するようにしましょう。

 

 

ということでアミティーザと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ