便秘薬の弊害と副作用について

絶対間違えない!下剤と便秘薬の失敗しない選び方!!

絶対間違えない!下剤と便秘薬の失敗しない選び方!!

 

 

 

便秘薬は腸に刺激をは与えることで排便作用を促します。
数時間で効果があるため、便秘解消に即効性があるとして使用する人も多いです。

 

 

しかし便秘の症状によっては便秘薬は逆効果になりうる場合のものも多いです。
病院の場合には便秘の症状に合わせて医師が便秘薬を処方してくれますが、市販の場合には自分で選ぶ必要があります。

 

 

ここでは便秘薬の中でもいろいろなタイプに合わせた市販の下剤、便秘薬をそれぞれ紹介したいと思います。

 

 

便意が来ない人向けの下剤

 

 

便意が来ない人は腸の運動が停滞している弛緩性便秘になります。
生理前に起こる便秘が弛緩性便秘の代表例で女性の便秘の約7割もがこの弛緩性便秘です。

 

 

弛緩性便秘になっている場合には刺激性下剤をおすすめします。
刺激性の下剤は腸の働きを促すことで、便を排出させやすくする下剤なのですね。

 

 

刺激性の下剤はビサコジルやセンノシド、大黄と呼ばれる成分を配合しており、商品例では
市販のものはコーラック、タケダ漢方便秘薬、スルーラックSが挙げられます。

 

 

コーラック

 

 

会社:ゼリア新薬工業株式会社

 

成分:ビサコジル

 

値段:350錠入2500円

 

副作用:腹痛 吐き気

 

服用NG:妊婦さん

 

 

刺激性下剤といえば一番有名とされるこのコーラックで、ほとんどの方がコーラックで便秘薬デビューされる方が多いです。ビサコジルが大腸を刺激して早いと約30分ほどで効いていきます。

 

 

ただし服用量が多いと腹痛にとてもなりやすいので、必ず最低量からはじめてください。

 

 

 

会社:タケダ薬品工業株式会社

 

値段:180錠2500円

 

成分:大黄、甘草

 

飲み方:就寝前に1日1回(1回1~3錠)水またはお湯と一緒に飲みます。

 

服用NG:授乳中の方、妊婦さん

 

 

刺激性の生薬が大腸を刺激して排便を促しますが、甘草という成分が過度な運動を抑制するため副作用は起こりにくいです。

 

 

もし腹痛などが怖いのであればコーラックではなく、タケダ漢方便秘薬をおすすめします。

 

 

 

会社:ゼリア新薬

 

有効成分:センノシド

 

値段:40錠入り661円

 

飲み方:1日1回(1~3錠)を就寝前に服用していきます。

 

服用NG:授乳中、妊婦さん

 

 

センノシドが大腸を刺激しておよそ30~60分後には便秘を解消します。センノシドは病院でよく処方されることが多くアローゼンやプルゼニド錠、センノシド錠などがあります。

 

 

もし腸の運動が鈍くなっている方は以上の便秘薬を試してください。ただ何度も服用すると下剤なしでは排便できない下剤依存症になるのでどうしてもの時にだけ服用しましょう。

 

 

また刺激性の下剤は下痢と便秘を繰り返す痙攣性便秘にお悩みの方にはお勧めできません。痙攣性便秘は腸が活発になりすぎて痙攣してしまったいるため、弛緩剤を服用することでさらに腸の運動を激しくしてしまうからです。

 

 

便が固く出ない人向けの下剤

 

 

便意があるけど便が固くて出ないタイプの便秘はマグネシウム系の下剤がおすすめです。

 

 

酸化マググシムを配合したマグネシウム系の下剤は腸内の塩分濃度を上げて腸壁からの浸透圧を利用し水分を腸内にとりこむことで便をやわらかくします。

 

 

踏ん張っても出ない人に効果的ですし、妊婦さんの便秘にはこのマグネシウム系の下剤が処方され、副作用が全くないのが特徴です。

 

 

具体的な下剤例では市販薬としては3aマグネシア、病院ではマグミット錠などが処方されます。

 

 

3aマグネシア

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

副作用:軽い下痢(ほとんど起きない)

 

服用NG:なし

 

マグミット

 

 

会社:健栄製薬株式会社

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:1錠あたり:5.6円

 

副作用:下痢、軟便

 

服用NG:なし

 

服用から約8時間に効いてくるので即効性も高いのでおすすめです。また腸管に水分が浸透することで宿便を取り除くこともできます。

 

 

また刺激性下剤のように癖になることもないので、何度も試すことができます。しかし服用量が多いと、下痢や軟便などの症状になることもあるので注意しましょう。

 

 

食物繊維が足りない人向けの便秘

 

 

食物繊維が足りていないと、便を固く、大きく形成できないために便が小さかったり、コロコロして出てしまいます。

 

 

その場合には食物繊維型の便秘薬を服用することをおすすめします。
市販の便秘薬では新ウィズワン、イージーファイバーなどが挙げられます。

 

イージーファイバー

 

 

製薬会社:小林製薬

 

成分:難消化性デキストリン

 

値段:8日分で500円

 

副作用:腹痛

 

 

新ウィズワン

 

 

 

製薬会社:ゼリア製薬

 

成分:植物性食物繊維、センノシド

 

値段:90包3000円

 

副作用:腹痛

 

服用NG:授乳中、妊婦さん

 

 

新ウィズワンはちょっと複雑で、食物繊維も含まれますが、さきほどの刺激性成分のセンノシドも配合されています。刺激によって排便も促すため授乳中の方と妊婦さんは服用しないでください。

 

 

野菜をあまり食べない人で便秘になっている方は食物繊維不足が原因かもしれないので、これらの便秘薬がおすすめです。

 

 

腸内環境が悪い人向けの便秘薬

 

 

腸内環境が悪化していることで悪玉菌が便を黒く、固くしてしまうことで便秘を引き起こしてしまいます。

 

 

対策としてヨーグルトを食べるなどがありますが、整腸剤といったものの方が
乳酸菌やビフィズス菌などを豊富に含まれているので効果の期待が高いです。

 

 

腸内環境を整える便秘薬の例では新ビオフェルミンS錠でしょう。

 

 

新ビオフェルミンS錠

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から1~2日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

 

何らかの理由で便秘を引き起こすと便が腐敗し、悪玉菌が発生して腸内環境が悪化するので結局、腸内環境を整える必要があります。

 

 

便秘がちな人は普段からビオフェルミンを習慣として飲んでおくと良いかもしれません。副作用もありませんし、数日で整腸効果により便秘が解消できます。

 

 

その他に市販ではミヤリサン、強力わかもとがあり、病院ではビオフェルミンよりも成分が強いラックビーを処方されます。

 

 

まとめ

 

 

ということで便秘のタイプによって下剤、便秘薬を変える必要があるということでしたが、簡単にまとめますと

 

 

・便意がない人⇒コーラック、スルーラック、タケダ漢方便秘薬

 

・便が固くて出ない人⇒3aマグネシア、マグミット、マグラックス、ミルマグ

 

・食物繊維が足りてない人、便が小さい人⇒ウィズワン、イージーファイバー

 

・腸内環境が悪化している人⇒ビフェルミン、ミヤリサン、強力わかもと、ラックビー

 

 

ということになるので参考にしてみてください。

 

 

また下剤を選ぶ際に薬剤師さんにあなたに合ったものを処方してくれるので悩むのであれば尋ねてみるようにしましょう。

 

 

ということで便秘薬の選び方についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ