ソルダナ錠と便秘

ソルダナ錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

ソルダナ錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

ソルダナ錠は堀井薬品工業株式会社が製造している腸を活発にして便秘を解消する便秘薬で、赤色の錠剤が特徴的とされます。

 

 

特に女性で慢性的な便秘に悩まれている方、便意が感じられない弛緩性便秘に対して非常に効果的です。

 

 

ソルダナ錠は薬局やドラッグストアなどで市販されておらず、病院で処方されます。薬価は1錠あたり5円と安いです。

 

 

ここではソルダナ錠の便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。※またソルダナ錠と効果がほとんど同じな市販薬がございますので、最後に紹介したいと思います。

 

 

ソルダナ錠の便秘への効果

 

 

ソルダナ錠が便秘解消に効果的とされるのは、センノシドA、センノシドBという有効成分が含まれているからです。

 

 

センノシドというのは生薬のセンナから抽出された成分のことです。※A、Bというのは構造上の違いであり、効果としては全く違いはありません。

 

 

センノシド

 

 

ソルダナ錠を服用するとセンノシドが溶け出し、レインアンスロンという物質に変わます。そして大腸まで運ばれることによって、大腸の粘膜を刺激します。

 

 

これにより大腸が活発になっていき、特に便を押し出すぜんどう運動を促すことによって、便意が生じていきます。ただ生薬なので緩やかに効いてくるためお腹にやさしいです。

 

 

またセンノシドは大腸の水分が吸収されてしまうのを防ぐ働きがあるため、便に水分を含ませ便が固くなるのを防ぎ、柔らかくしてくれます。

 

 

さらに水分が便通を通るようになることで、刺激性の下剤でありながらも自然に近い排便作用をもたらしてくれます。

 

 

以上のようにソルダナ錠は便秘に対して効いていきます。特に腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘、直腸内で硬い便が溜まった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

ソルダナ錠の便秘への効き目

 

 

ソルダナ錠を服用することでどれくらいで便意を感じるかというと服用からおよそ8~10時間ほどで効いていきます。

 

 

ソルダナ錠は就寝前に服用していきますが、約8時間後に作用することでちょうど朝起きたころに便意を感じるように設定されています。

 

 

これにより朝の自然な排便リズムを作ることができ、ソルダナ錠の服用をやめても、便意を感じるように根本的に便秘を解消できてしまいます。

 

 

ただしソルダナ錠を服用する時はどうしても便が出ないときに限定して使用していきましょう。

 

 

センノシドでの解消を試みた結果

 

 

ソルダナ錠は服用したことがないのですが、同じセンノシドを配合した市販のコーラックハーブを服用したことがあります。

 

 

ただ3日間服用したのですが、お腹がキュルキュルとするのは分かりましたが、イマイチ決め手に欠けていました。※おそらくプルセニド錠でも解消は難しかったでしょう。

 

 

普段から便秘薬を服用している慢性的な私の便秘の解消はできませんでしたが、突発的な便秘には効くと思います!

 

 

ちなみにセンノシドでは解消できなかったですが、今ではしっかりと便秘を解消することができていますので参考までに↓

 

医師が教えてくれた!センノシドやビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままでヨーグルト、センノシドなどの下剤、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・

 

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

 

ソルダナ錠の副作用について

 

 

ソルダナ錠のセンノシドは刺激成分ですので副作用が起こる可能性があるので注意してください。特に起こりやすい副作用としては腹痛、吐き気、嘔吐、下痢などが挙げられます。

 

 

ただし軽い腹痛などであれば、そこまで心配はいりませんが、症状が続いたり、重い副作用の場合には服用を控えましょう。

 

 

また生薬が体に合わないとアレルギーとして皮膚のかゆみ、発疹、発赤などが生じる場合があります。これらの副作用が生じた場合には服用は控えるようにしましょう。

 

 

基本的に安全性の高い便秘薬なのでそこまで副作用の心配はないとされます。ただし妊婦さんや授乳中の方には処方されない場合が多いです。

 

 

ソルダナ錠の便秘の解消法について

 

 

ソルダナ錠で便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①ソルダナ錠は1日1回(1回1~4錠)就寝前に服用していきます。

 

 

②錠剤を服用するときはコップ1杯(200ml)の水を飲みましょう。できればお湯と一緒に服用するとお腹が痛くなりにくいです。

 

 

またこの水が大腸内に送られるのでしっかりと飲み切るようにしましょう。

 

 

③もし朝起きて排便があれば一旦服用は控えましょう。効果がなければ錠剤を1錠増やして服用しましょう。

 

 

④効果が1日ずつ1錠増やしますが最大で1回4錠服用していき、それ以上は増やさないようにしてください。

 

 

⑤1週間服用しても効果がなければ服用は中止して処方してくれた医師に相談するようにしましょう。

 

 

以上がソルダナ錠の便秘への飲み方についてです。

 

 

生薬によって自然な排便を取り戻すことができるのでビサコジルなどを配合した便秘薬よりは個人的におすすめです。

 

 

ソルダナ錠と同じような下剤

 

 

ソルダナ錠と同じく病院で処方される下剤にはプルゼニド錠、フォルセニッド錠、センノサイド錠などがあります。※プルゼニド錠が先発品なので病院では一番よく処方されます。

 

 

また市販でソルダナ錠と成分が同じで効果もほとんど一緒なものにコーラックハーブというものがあります。

 

 

会社:大正製薬

 

値段:63錠 2646円

 

有効成分:センノシド、甘草

 

飲み方:1日1回(1回1~2錠)就寝前に服用していきます。

 

コーラックハーブの方が緩和成分の甘草が含まれるので、効き目は弱いですが、副作用のリスクが低いです。

 

 

センノシドによって便秘を解消したい場合には病院に行かず、市販のコーラックハーブを服用してみるのも良いでしょう。ただし妊婦さんや授乳中の方は個人の判断で購入するのは控えましょう。

 

 

ということでソルダナ錠と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ