ラキソデートと便秘

ラキソデートの便秘への効果と副作用、飲み方について!

ラキソデートの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

ラキソデート内用液は小林化工株式会社が製造している刺激性の下剤です。中身は透明な液体になっており味はほのかに甘くなっており、子供でも飲むことができます。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず病院でのみ処方してもらうことができます。ラキソデートの薬価は1mあたり9.8円となります。

 

 

ここではラキソデートの便秘への効果と副作用、そして便秘解消の飲み方についてお伝えしたいと思います。またラキソデートと同じ効果のある市販薬があるので最後にそちらも紹介したいと思います。

 

 

ラキソデートの便秘への効果

 

 

ラキソデートには有効成分としてピコスルファーストナトリウムが配合されております。この成分が大腸内で2つの働きを促すことで便秘に対して効いていきます。

 

 

①大腸の運動を活性化

 

 

まずラキソデート内用液を服用して、ピコスルファーストナトリウムが大腸まで運ばれると腸内の酵素によって分解されます。

 

 

すると腸壁をし始めることで大腸の便を押し出すぜんどう運動を促すことができます。ただしコーラックのビサコジルのように激しく刺激はせずにゆっくりと腸を刺激するため、お腹が痛くなることはほとんどありません。

 

 

②便が固くなるのを防ぐ

 

 

またピコスルファーストナトリウムは大腸が便の水分を吸収するのを防ぐ働きを持っています。これによって便を柔らかい状態を保つことで、排便しやすくすることができます。

 

 

以上のようにラキソデートは便秘を解消することができるとされます。特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、直腸内で便が固くなった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

ただし便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘の場合にはラキソデートは逆効果となるので注意しましょう。

 

 

ラキソデートの効き目について

 

 

ラキソデートを服用することでどれくらいで排便することが可能なのかというとおよそ服用から8~10時間ほどで効いていきます。

 

 

就寝前に服用することで、朝起きたときにちょうど排便することができるように設定されています。また朝の排便リズムを作り出すことができるため、ラキソデートを服用後には自然な腸の運動を取り戻すことができます。

 

 

ラキソデートの副作用について

 

 

ラキソデートは刺激性下剤の中では刺激は強くないとされます。そのためラキソデートは妊娠中や子供でも服用することができます。ただし稀にですが副作用が起こる場合があります。

 

 

・胃腸系腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、軟便

 

 

特に起こるとされるのは上記の副作用です。軽い腹痛であればそこまで問題ありませんが、吐き気や嘔吐があられたら服用は控えましょう。

 

 

またピコスルファーストナトリウムが合わないと皮膚の発疹、発赤、かゆみが起こる場合があります。これらが起きたらすぐに服用は控え、医師に相談しましょう。

 

 

ただ基本的に安全性の高い下剤ですのでそこまで心配しなくても大丈夫でしょう。

 

 

ラキソデートの飲み方について

 

 

ラキソデート内用液で便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

①ラキソデートは1日1回(1回10~15滴)就寝前に服用していきます。最初は10滴から服用していきましょう。

 

 

②ラキソデートを飲むときはコップ1杯の水に垂らして飲んでいきます。この水が大腸内の水分となるのでしっかりと水は飲みほしましょう。

 

 

③そしてすぐに寝るようにしていきましょう。朝起きて排便することができれば服用は一旦控えましょう。

 

 

④もし排便できなければ、1滴量を増やしてまた就寝前に服用していきます。1日おきに1滴ずつ増やし最大で15滴です。

 

 

⑤そして1週間服用しても排便できなければ服用は控えるようにしましょう。

 

 

以上がラキソデートで便秘を解消するときの飲み方です。15滴より多く服用すると激しい腹痛、吐き気などを生じる可能性が高いので注意してください。

 

 

また服用するときは食事や運動を行ってみてもダメでどうしても出ないときに服用しましょう。

 

 

刺激性下剤でありながら、副作用も少ないため非常におすすめできる下剤です。またラキソデートはラキソベロン液のジェネリック(後発品)となります。

 

 

会社:帝人ファーマ

 

薬価:ひとつ(10g)600円

 

成分:ピコスルファーストナトリウム

 

用法用量:1日1回(1回10~15滴)就寝前に水に混ぜて服用する

 

 

そのため病院ではラキソベロン液の方がよく処方されます。しかし効果自体はどちらも変わらないので気にしないでください。

 

 

ラキソデートと同じ効果の市販薬

 

 

ラキソデートと同じ効果である市販の下剤にはピコラックス錠があります。

 

 

会社:佐藤製薬

 

値段:50錠777円

 

成分:ピコスルファートナトリウム

 

飲み方:1日1回(2錠~3錠)就寝前に水と一緒に飲んでいきます。

 

錠剤ですがラキソデートと同じ成分であるピコスルファーストナトリウムを配合しているため効果は同じです。

 

 

病院に行かずともラキソデートと同じ効き目の下剤があるので、手軽に試したい方はこちらのピコラックス錠を飲んでみてください。

 

 

ということでラキソデート内用液と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ