チャルドールと便秘

チャルドール液の便秘への効果と副作用、飲み方について!

チャルドール液の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

チャルドールはテバ製薬株式会社が製造販売している液体タイプの便秘薬とされます。チャルドール液の味はほのかに甘いため子供でも飲みやすくなっています。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、産婦人科や便秘外来で処方されます。薬価は1ml9.8円となっています。

 

 

ここではチャルドール液の便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えします。またチャルドール液と同じ市販薬もあるのでそちらを紹介したいと思います。

 

 

チャルドール液の便秘への効果

 

 

チャルドール液には有効成分としてピコスルファーストナトリウム水和物が配合されています。このピコスルファーストナトリウム水和物が2つの作用を促して便秘を解消します。

 

 

①大腸の活発化

 

 

ピコスルファーストナトリウム水和物は大腸の活発化させる作用があります。

 

 

具体的にはチャルドール液を服用すると大腸内でピコスルファーストナトリウム水和物が溶け出して、大腸にすむ酵素によって分解されます。そして分解されたピコスルファーストナトリウムは腸壁を刺激しはじめます。

 

 

すると大腸の便を押し出すぜんどう運動が促されることで、便意が起きて排便に至ります。また大腸を刺激するといっても、非常に緩やかに自然に近い形で刺激するため腹痛になることもほとんどありません。

 

 

②水分保持作用

 

 

大腸というのは腸内の水分を吸収する働きを持っています。しかし腸内に便が溜まっているとどんどん水分を吸い上げて、便を固くしてしまいます。

 

 

しかしチャルドール液のピコスルファーストナトリウム水和物がこの大腸の水分吸収の作用を阻害します。これにより大腸の便を柔らかいままにキープすることができます。

 

 

以上の働きによってチャルドール液は便秘に対して効いていきます。特に自然な排便作用が起きない弛緩性便秘や直腸内に固い便が溜まった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

しかし便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘はチャルドール液は逆効果となる場合があります。

 

 

チャルドール液の効き目の時間について

 

 

チャルドール液を服用することでどれくらいで排便が促されるのかというとおよそ8~10時間後に便意が起きます。

 

 

チャルドール液は就寝前に服用するのですが、朝起きた時に作用するように作られています。これにより朝起きたら腸が動き出すという排便リズムを作り出すことができます。

 

 

またほとんどの方が3日以内にはチャルドール液で便秘を解消されます。しかし1週間服用しても効果がない場合には期待できないでしょう。

 

 

ピコスルファートナトリウムによる解消を試した結果

 

 

チャルドール液を服用したことはないのですが、同じピコスルファーストナトリウムを配合した市販のピコラックスでの解消を挑戦したことがありませんでした。

 

 

3日間服用してみたのですが、全く出ませんでした(涙)
やはり赤ちゃんでも服用可能なほど安全性が高いと、逆に腸への刺激はないわけですからね。

 

 

多分ラキソベロン液でも効かなかったと思います。ただし私みたいな慢性的な便秘ではなく、突発的な便秘には効くと思います♪

 

 

ちなみに現在は慢性的な便秘を解消できておりますので、参考までに↓

 

医師が教えてくれた!ピコスルファーストやビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
便も出て、腹痛に悩まされることがなくなりました!

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

チャルドール液の副作用について

 

 

チャルドール液は安全性が高い便秘薬で、基本的に副作用が起こりません。

 

 

しかし服用量が多いと軽い腹痛、下痢、軟便などの症状が起こるので、用法用量には注意してください。

 

 

また稀にですが、皮膚の発疹、発赤、かゆみなどが生じる可能性が高いです。もし皮膚系に副作用が生じたら使用は控えましょう。

 

 

ただチャルドール液は妊婦さんや子供の便秘にも処方されるため副作用の心配はいらないでしょう。

 

 

チャルドール液の飲み方について

 

 

チャルドール液で便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①チャルドール液は1日1回就寝前に服用するようにします。

 

 

②1回あたり10~15滴服用するようにします。最初は10滴からはじめましょう。

 

 

③服用する際には水やお茶に混ぜて飲むようにしてください。

 

 

④もし排便ができたら、一旦チャルドール液は中止します。

 

 

⑤排便できなければ、また就寝前に飲んでいきます。また1日1滴ずつ服用量は増やしていきます。

 

 

⑥1週間服用しても効果がなければ、チャルドール液での解消は諦めましょう。

 

 

以上がチャルドール液の飲み方となっています。

 

 

服用したい場合には便秘外来や胃腸科などを受診するようにしてください。

 

 

またこのチャルドール液はラキソベロン液という便秘薬のジェネリック(後発品)となります。そのため病院ではチャルドール液よりもラキソベロン液の方がよく処方されます。

 

 

会社:帝人ファーマ

 

薬価:ひとつ(10g)600円

 

成分:ピコスルファーストナトリウム水和物

 

用法用量:1日1回(1回10~15滴)就寝前に水に混ぜて服用する

 

 

しかし有効成分はどちらも同じピコスルファーストナトリウム水和物なので便秘への効果は同じとされます。

 

 

チャルドール液と同じ効き目の市販薬

 

 

またチャルドール液と同じピコスルファーストナトリウム水和物を配合した市販の便秘薬があります。それはピコラックスという便秘薬です。

 

 

会社:佐藤製薬

 

値段:50錠777円

 

成分:ピコスルファートナトリウム水和物

 

飲み方:1日1回(2錠~3錠)就寝前に水と一緒に飲んでいきます。

 

チャルドール液とは違いピコラックスは錠剤タイプなのですが、同じピコスルファートナトリウム水和物が配合されているため、同じ効果が得られます。

 

 

もし手軽にピコスルファーストナトリウム水和物で便秘を解消したい場合にはピコラックスを服用しましょう。

 

 

ということでチャルドール液の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ