ソルドール錠と便秘

ソルドール錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

ソルドール錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

ソルドール錠はジェイドルフ製薬株式会社が製造販売しているのピンク色が特徴的な錠剤です。便秘治療のためや内視鏡検査の前に腸をきれいにするために処方されることもあります。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られておらず、病院でのみ処方されます。ソルドール錠の値段は1錠5円となっています。

 

 

ここではソルドール錠の便秘へのこうかと 副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ソルドール錠の便秘への効果

 

 

ソルドール錠には有効成分としてセンノサイドカルシウムを配合しております。※センノサイドカルシウムはセンナという植物から抽出された生薬の一種です。

 

 

このセンノサイドカルシウムには腸の活発化と水分保持という2つの働きを持っており、これらが便秘に対して効いていきます。

 

 

①腸の活発化

 

 

センノサイドカルシウムが腸内に運ばれることによって、レインアンスロンという物質に変わります。そしてこの物質が大腸の腸壁を刺激していきます。

 

 

すると便意が促され、便秘が解消されていきます。刺激によって解消するといってもコーラックのビサコジルのように強いわけでなく、生薬なので強い刺激は起こりません。

 

 

②水分保持

 

 

大腸は便の水分を吸収する働きを持っていますが、その大腸の働きをセンノサイドカルシウムは阻害します。

 

 

これによりソルドール錠を服用することで腸内の便を柔らかいままキープさせることができます。

 

 

また水分を吸収することで腸壁にこびりついた便(宿便)を落とす作用があります。これにより腸管をきれいにすることでき、内視鏡検査の前に処方されることがあります。

 

 

以上のようにソルドール錠を服用することで便秘を解消することができます。特にソルドール錠は腸の動きが鈍くなってしまった弛緩性便秘、直腸内で便が固くなる直腸性便秘に有効とされます。

 

 

逆に便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘に対しては逆効果になる場合があります。

 

 

ソルドール錠の便秘への効き目

 

 

ソルドール錠の服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・服用からおよそ6時間後には直腸内の便が柔らかくなっていきます。

 

・さらに服用からおよそ8時間~12時間後には腸が刺激されて便意が起きていきます。

 

以上のようにソルドール錠は便秘に対して効いていきます。

 

 

ソルドール錠は就寝前に服用するのですが朝起きるとちょうど便意がくるにように設定されています。それにより朝の自然な排便作用が促されていきます。

 

 

ただし1週間服用しても効果がない場合には効き目が期待できないとされます。

 

 

ソルドール錠の副作用について

 

 

ソルドール錠は安全性が高いのですが、服用することで副作用が生じる場合があります。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては腹痛、下痢、軟便、胃痛、胃もたれなどの症状があります。ただし激しい場合でなければ服用は継続していきましょう。

 

 

またソルドール錠のセンノサイドカルシウムが体に合わないと肌の発疹、発赤、かゆみなどが生じる可能性があります。

 

 

ただ生薬しか配合されていないので、副作用がおこるのは非常に稀です。しかし妊婦さんや授乳中の方は服用するのは控えなければいけません。

 

 

ソルドール錠の便秘への飲み方

 

 

ソルドール錠で便秘を解消する場合の飲み方についてお伝えします。

 

 

①ソルドール錠は1日1回(1回1~2錠)就寝前に服用していきます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水(200ml)と一緒に服用します。しっかりと水分を飲まないと胃が荒れるのでしっかりと飲みましょう。

 

 

③朝起きると便意が起こって便秘が解消されていきます。もし効果がなければまた服用していきます。

 

 

④1週間服用しても効果がなければ服用は控えるようにしましょう。

 

以上、ソルドール錠の便秘への飲み方についてでした

 

 

センノシドを配合した便秘薬で、宿便を落とす働きもあるためおすすめと言えます。もしソルドール錠を服用したい場合には便秘外来や胃腸科を受診しましょう。

 

 

しかしソルドール錠はプルゼニド錠のジェネリック薬品(後発品)なため病院ではプルゼニド錠の方が処方されます。

 

プルゼニド錠

 

会社:ノバルティス ファーマ株式会社

 

成分:センノシド

 

薬価:1錠あたり5.6円

 

用法用量:1日1錠就寝前に水といっしょに服用する

 

 

ただし成分自体はプルゼニド錠もソルドール錠も同じなので、あまり気になさらなくても大丈夫でしょう。

 

 

ソルドール錠と同じ効果のある市販薬

 

 

またソルドール錠と同じセンノシドを配合した便秘薬であれば、同じ効き目が得られます。そして市販薬の中ではスルーラックSが挙げられます。。

 

 

会社:ゼリア新薬

 

有効成分:センノシド

 

値段:40錠入り661円

 

服用法:1日1回(1~3錠)を就寝前に服用していきます。

 

 

もしセンノシドを手軽に服用したい場合にはスルーラックSを購入して試してみるようにしましょう。ただし妊婦さんと授乳中の方は服用しないように注意してください。

 

 

ということでソルドール錠の便秘への効果と副作用、飲み方でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ