三快錠と便秘

三快錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

三快錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

三快錠は佐藤製薬が製造してる生薬を配合した便秘薬です。中身は茶色い錠剤となっています。

 

 

三快錠は薬局やドラッグストアでも売られております。値段は280錠(1か月半分)で1166円となっており、市販の便秘薬の中でも安い部類ですね。

 

 

ここでは三快錠の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

三快錠の便秘への効果

 

 

三快錠には有効成分としてダイオウ、アロエ、センナ、ケンゴシ、ボタンピ、ケイヒ、ウイキョウの7種類の生薬が配合されています。それぞれが便秘に対してどのように作用するのか解説したいと思います。

 

 

①ダイオウ、アロエ、センナ

 

 

ダイオウ、アロエ、センナの3つはすべて刺激性の生薬となっています。

 

 

・ダイオウは生薬を配合した便秘薬によく配合されており、大腸の腸壁を刺激することで便意を促していきます。三快錠以外にはタケダ漢方便秘薬などにもダイオウが配合されていますね。

 

 

・アロエはアロエの葉から抽出されるエキスのことで、ダイオウと同じく腸を活発にさせる働きを持っています。
アロエヨーグルトに入っている果肉のアロエを食べても腸は刺激されないので注意してください。

 

 

・センナはセンナ実から抽出された生薬の一種で、大腸でレインアンスロンという物質に変化して、大腸の粘膜を分泌させることで便意を促します。またセンナには大腸が便の水分を吸収するのを防ぐ働きを持っているため、便が固くなってしまうのを予防します。

 

 

三快錠によってこのように3種類の刺激性生薬がそれぞれ効くことによって、確実に便意を促すことができるとされます。

 

 

②ケンゴシ

 

 

ケンゴシは水分を腸内に集める作用を持っており、固くて腸に溜まってしまった便を柔らかくすることで便通を通るようにすることができます。

 

 

酸化マグネシウムなどが含まれる3aマグネシアやマグミットなどと同じような作用があるということですね。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法用量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

また腸管に水分が浸透することによって腸壁にこびりついた宿便を落とすこともできます。

 

 

③ボタンピ、ケイヒ

 

 

ボタンピ、ケイヒは内臓機能を向上させたり、老廃物などの体の毒素を排出させる効果を持っています。

 

 

この2つの生薬によって、自然な腸の運動を取り戻すことによって、根本的に便秘を解消することができます。

 

 

④ウイキョウ

 

 

ウイキョウは別名フェンネルと言われており、ハーブなどに含まれる成分です。このウイキョウは腸内のガスを排出しやすくして、お腹の張りを解消することができます。

 

 

このウィキョウが配合されている便秘薬は非常に珍しく、三快錠以外で配合されている便秘薬は私はいまだ見たことがありません。

 

 

以上のように三快錠は便秘に対して効果があるとされます。

 

 

特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、固い便が溜まってしまった直腸性便秘に対して効果があるとされます。

 

 

しかし便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘に対しては逆効果になる場合があるので服用するのは控えましょう。

 

 

三快錠の便秘への効き目

 

 

三快錠を服用することでどれくらいで便秘に対して効くのでしょうか。

 

 

・またケンゴシによって6時間ほどで腸内に水分が集めて便を柔らかくします。

 

・三快錠を服用するとおよそ8時間後に腸が活発になり便意が促されます。

 

・ウィキョウによって腸内のガスも1~2日後には排出されて症状が改善されます。

 

以上のように三快錠は便秘に対して効いてくるとされます。就寝前に服用することで朝起きて排便することが可能となります。これによって朝の排便リズムを作り出すことができます。

 

 

ほとんどが3日間服用するだけで解消されていきます。ただし1週間服用しても効果がない場合には三快錠での解消は諦めましょう。

 

 

三快錠の副作用について

 

 

三快錠には刺激性となる生薬も配合しているため副作用が生じる可能性があります。

 

 

特に起こりやすい副作用としては腹痛や下痢、軟便などが生じる場合があります。また生薬が体に合わない場合には皮膚のかゆみ、かぶれ、発疹などが起こることもあります。

 

 

もし副作用が起こった場合には服用は控えるようにしましょう。5歳以上からでも服用できるので安全性は高いとされます。ただし三快錠は妊婦さんと授乳中の方は服用することができません。

 

 

三快錠の便秘への飲み方について

 

 

三快錠で便秘を解消する場合の飲み方について解説したいと思います。

 

 

①三快錠は基本的に1日1回(1回6~12錠)就寝前に服用するようにします。

 

 

②服用する場合にはコップ1杯の水(200ml)と一緒に服用するようにします。水を多く飲むと効果が出やすいので、しっかりと飲み切りましょう。

 

 

③もし排便できればその時点で服用は控えましょう。また効果がなければ1錠多く増やしてもう一度服用します。

 

 

④1週間服用しても効果がなければ服用は控える要にしましょう

 

以上のように三快錠を服用していくようにします。

 

 

三快錠は他の便秘薬にはないウィキョウも配合されているので試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

ということで三快錠の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ