快腹丸と便秘

快腹丸の便秘への効果と副作用、飲み方について!

快腹丸の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

快腹丸は久光製薬が製造販売している生薬を配合した便秘薬の一種です。市販されていますが、個人的に店頭で見かけたことはありません。

 

 

正露丸のように黒い丸薬となっています。値段は660粒(約2か月分)で1300円となっています。

 

 

ここでは快腹丸の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

快腹丸はどのように便秘に効くのか?

 

 

快腹丸にはダイオウ、センノシド、アロエの3つの生薬が配合されております。それぞれどのように便秘に効くのか解説したいと思います。

 

 

①ダイオウ

 

 

ダイオウ(大黄)はタケダ漢方便秘薬などにも配合されている刺激性の生薬です。

 

 

ダイオウが大腸まで届けられることによって、腸壁を刺激して便を押し出す運動を促していきます。

 

 

激しく動かすわけではななく、自然に近い排便を促すことができます。そこが生薬のいいところですね!

 

 

②センノシド

 

 

センノシドはセンナという植物から抽出された刺激性のある成分です。このセンノシドが大腸に送られることによって、レインアンスロンという物質に変わります。

 

 

そしてこのレインアンスロンは大腸の粘膜の分泌を促します。粘膜が分泌されることでそれに連動して腸の運動が活性化されていきます。

 

 

またセンノシドは大腸の水分を吸収する作用を抑制してくれます。これによって便が固くなってしまうのを防ぎ、柔らかい状態をキープします。

 

 

③アロエエキス

 

 

アロエエキスはアロエの葉から抽出された成分で、ダイオウと同様に大腸の腸壁を刺激することができます。

 

 

また大腸内に水分を浸透させることによって、腸管をつるっと滑りやすくすることによって、排便しやすくすることが可能です。

 

 

以上のように快腹丸は3つの生薬便秘に対して効果があるとされます。通常『1つの便秘薬に1つの生薬』が多いのですが、快腹丸は3つも配合されています。

 

 

特に快腹丸は腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、直腸内に便が溜まってしまった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

逆にお腹が緩くなりがちな痙攣性便秘(便秘と下痢を繰り返す)には逆効果となるので注意してください。

 

 

快腹丸の便秘への効き目

 

 

快腹丸を飲むことでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

 

・服用から4~6時間後に水分が集められ、固い便が柔らかくなっていきます。

 

・そして服用から6~8時間後に刺激されて排便が促されていきます。

 

・基本的に3日後にはほとんどの方が排便できます。ただし1週間でない場合には効果がないと言えます。

 

以上のように快腹丸は便秘に対して効いていきます。就寝前に服用すると、ちょうど起床時に便意が起こるように設計されています!

 

 

快腹丸の副作用について

 

 

快腹丸には刺激性の生薬が配合されているので副作用が生じることがあります。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては腹痛、軟便、下痢、吐き気などがあります。また生薬が体に合わないと、かぶれ、発疹、炎症などの皮膚における副作用も起こりえます。

 

 

もし副作用が生じたら快腹丸の服用は控えるようにしましょう。

 

 

基本的に生薬なので、用法用量を守れば激しい副作用には襲われませんし、3歳以上からでも服用することは可能です。ただし妊婦さんや授乳中の方は控えるようにしてください。

 

 

快腹丸で便秘を解消する飲み方について

 

 

それでは快腹丸で便秘を解消する場合の飲み方について解説します。

 

 

①1日1回(1回10~15粒)就寝前に服用するようにしていきます。最初は10粒から飲み始めてください。

 

他の便秘薬よりも服用量が多いのはデメリットと言えるでしょう。

 

 

②服用する際にはコップ1杯(200ml)の水か白湯と一緒に飲むようにしましょう。水はしっかりと飲み切るようにしましょう。

 

 

③もし排便できればその時点で服用は控えましょう。排便できなければ1粒多くして、また服用していきます。

 

 

④1週間服用しても効果がない場合には快腹丸での便秘解消は中止してください。

 

以上のように快腹丸は服用するようにしてください。ただし快腹丸はどうしても出ないときにだけ飲むようにしましょう。

 

 

快腹丸には3つも生薬が働くことで確実に作用して、便秘を解消できるためおすすめと言えますね!

 

 

ということで快腹丸の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ