便秘と吐き気

【吐き気が伴う便秘は危険!】便秘による吐き気の原因と解消法!

便秘と吐き気について!

 

 

便秘になってしまうと吐き気も一緒に患う危険性があります。

 

 

特に4~5日以上溜まってしまうことで生じる症状です。
さらに1週間~2週間便秘が続くと吐き気が嘔吐となってしまします。

 

 

もし現在便秘で且つ吐き気を催している状態の人は便秘の
症状が悪化している証拠ため早急に便秘を解消する必要があります。

 

 

こちらでは便秘により吐き気がなぜ起きてしまうのか
そして吐き気も便秘も両方に効くツボや飲み物なども紹介します。

 

 

便秘により吐き気が起こる原因

 

 

便秘によって吐き気が起こるのは大きく分けて2つのメカニズムによって生じます。

 

 

①食べ物が逆流する

 

 

便秘になると腸内に便が溜まった状態になり、この状態で食べ物を摂取するとすでに腸の中が便でいっぱいなため、食べたものが腸に運ばれずに胃の中に残ってしまうのです。

 

 

胃の中で行き場をなくすことによって、それを戻そうとする
動きが働き、吐き気を催すことになるのです。

 

 

この場合、吐き気だけでなく胃もたれや胃炎などの症状も伴うので胃が常にキリキリと痛み出してしまい、食欲もなくなってしまうほど深刻な状況です。

 

 

②腐敗ガスによる

 

 

また長期間(3日間以上)、腸内に便が溜まっていることで、
便が腐敗しはじめて、インドールやスカトールという腐敗ガスを発生させてしまいます。

 

 

このガスは腸内一杯に充満し、腸を圧迫することで、腹痛、腹部膨張また腰痛、背中の痛みを引き起こす原因にもなります。

 

 

さらにこの腐敗ガスは血液中にも溶け出す性質があり血液中によって
全身に腐敗したガスが送り届けられ、様々な症状を引き起こします。

 

 

・脳に送られることによってめまい、頭痛を引き起こします。

 

・肌そのものに送られることで肌荒れ、特に顎ニキビができやすくなります。

 

・末端神経に送られると、むくみや冷え性、指先の痛みなどを生じます。

 

 

このように様々な健康被害を影響を与えてしまうのですが、
そして吐き気も大脳に送られることによって生じてしまうのです。

 

 

吐き気があることは、腐敗ガスが発生しているため便秘も
深刻化している証拠ですので、早急に対応する必要があります。

 

 

また吐きそうなのであれば、一度吐いてしまった方が
楽になるので我慢せずに吐いてしまいましょう。

 

 

便秘の吐き気の解消法

 

 

便秘による吐き気を解消するには、吐き気を抑えつつ、
ガスを抜き最終的に便秘を解消するのが一番です。

 

 

ここでは便秘と吐き気両方に効くおすすめの方法を紹介します。

 

 

①便秘と吐き気に効くツボ

 

 

便秘と吐き気にまず試してほしいのがツボ押しです。

 

 

 

 

内関(ないかん)と呼ばれるツボであり、手首から指3本分下に位置します。
このツボを親指でぎゅう~っと30秒ほど押し続けます。

 

※30秒終わったらもう片方のツボも刺激します。

 

 

このツボを刺激することで、腸の運動を押し出す効果があり、
おならが出やすくなり、有害ガスを排出してくれるんです。

 

 

さらに吐き気止めの効果もあるため、便秘と吐き気に悩む人には
おすすめのツボですので、さっそく押してみてください。

 

 

②便秘と吐き気に効く食べ物

 

 

吐き気と便秘に両方効いてくれる食べ物としては2つあります!

 

 

まずは梅干しです。

 

 

 

 

梅干しはクエン酸が多量に含まれており、このクエン酸を摂取することで
腸内環境が整い、さらにその酸っぱさが腸に良い刺激となり、腸が活発になります。

 

 

さらに昔は船酔いの時に酔い止めとして梅干しを持っていったほどで
梅干しは吐き気を取り除いてくれる効果もあるのです。

 

※梅干しは1日1粒を目安に食べてみると効果的でしょう。

 

 

そしてもうひとつ、吐き気と便秘に効く食べ物がりんごです。

 

 

 

 

りんごには水溶性食物繊維が含まれており、便秘に効果的です。
またりんごに含まれるペクチンは吐き気を取り除いてくれます。

 

 

吐き気と便秘に悩まされる場合にはりんごを食べていきましょう。
また固形のものが苦しくて食べれないならばりんごジュースでも大丈夫です!!

 

 

④便秘と吐き気に効く薬

 

 

また便秘と吐き気両方に効いていく、薬としては胃痛薬の「ガスモチン」がおすすめです
特に食べ物が逆流している場合にはとても効きます。

 

 

 

 

ガスモチンは胃腸薬なのですが、胃や腸に溜まった食べ物を流し込んでくれる効果があります。

 

 

便秘により消化不足になった胃の中の食べ物を流すことができるため
胃痛はもちろん吐き気を軽減してくれる効果があります。

 

 

さらに食べ物が胃や腸に運ばれることで腸の便を押し出す
ぜんぞう運動が活発になり便秘解消の効果も期待できます。

 

 

ガスモチン錠は市販されていないので、胃腸科や内科を受診するようにしてください。

 

 

また腐敗ガスが充満しているタイプの吐き気であれば、
ガスを吸収して、腸内環境も整えることができるガスピタンがおすすめです。

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン、乳酸菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

 

2~3日服用していくことによって腸内の腐敗ガスを消泡剤が吸収して完全に消してくれます。また乳酸菌も配合しているため腸内環境を整えてくれます。

 

 

逆に刺激性の便秘薬は副作用で、より吐き気の症状が悪化してしまうので、服用しないでください。※ビサコジル(コーラック、ビューラック)、センナ(アローゼンなど)は控えましょう。

 

 

最終手段として便秘薬として便を出して、便秘も吐き気も治したい場合には
吐き気が生じない酸化マグネシウム系の便秘薬の服用していきましょう。

 

 

特に市販の便秘薬では3aマグネシアが挙げられます。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法用量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

1~2日服用すればほとんどが排便が可能となっています。逆にこの便秘薬でも解消できない場合には病院を受診しましょう。

 

 

もし便秘でさらに吐き気がある場合には上記の方法を試してみください。ただ便秘で吐き気がある段階でかなり症状は重いので、すぐに病院に受診しても全く構いません。

 

 

ということで便秘による吐き気の解消法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ